電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-23 14:30
通信スループット予測とスケーラブル映像符号化を用いた映像レート制御方式の実証実験
二瓶浩一甲斐夏季蝶野慶一吉田裕志里田浩三NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ドローンの目視外飛行では,オペレータがドローンの周辺状況を把握するためにライブ映像配信が必要である.そのため,映像配信用に新たな周波数バンドが割り当てられたが,同一空域を多数のドローンが同時に飛行する場合には,周波数チャネルの不足が想定される.この課題を解決するため,筆者らは他の機関と共同で,1周波数チャネルに複数のドローンからの映像配信を収容する技術を研究開発してきた.本稿では,この研究開発の一環で実施した実証実験の結果を報告する.筆者らの開発した通信スループット予測とスケーラブル映像符号化を用いた映像レート制御方式によって,画面の一部分(注視領域)の画質を維持したまま,1周波数チャネルで3機のドローンからの映像配信が可能であることを確認した. 
(英) To operate drones in non-line-of-sight (NLOS) areas, live video streaming is required for operators to monitor around the drones. Frequency bands have been assigned for video streaming from robots, e.g. drones. However, the frequency bands will not be enough if many drones are operated in the same airspace. To resolve this issue, the authors and collaborators had developed a technology that accommodates video streamings from multiple drones in a frequency channel. This paper reports a result of a demonstration test. In the test, we confirmed that three drones can stream videos in a frequency channel with maintaining the video quality of a region-of-interest (ROI) by using an adaptive video streaming method based on throughput prediction and scalable video coding.
キーワード (和) 映像配信 / アダプティブストリーミング / ドローン / UAV(unmanned aerial vehicle) / 実証実験 / / /  
(英) video streaming / adaptive streaming / drone / UAV (unmanned aerial vehicle) / demonstration test / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 53, SeMI2019-4, pp. 91-96, 2019年5月.
資料番号 SeMI2019-4 
発行日 2019-05-16 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SeMI IPSJ-ITS IPSJ-MBL IPSJ-DPS  
開催期間 2019-05-23 - 2019-05-24 
開催地(和) 奄美市社会福祉センター 
開催地(英) Amami-shi Syakai Fukushi Center 
テーマ(和) センシング,モビリティ,モバイル・ユビキタスコンピューティング,センサ・アドホック・モバイルネットワーク,アプリケーション,一般 
テーマ(英) Sensing, Mobility, Mobile/Ubiquitous Computing, Sensor/Adhoc/Mobile Network, Application, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2019-05-SeMI-ITS-MBL-DPS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信スループット予測とスケーラブル映像符号化を用いた映像レート制御方式の実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration Test of an Adaptive Video Streaming Method Using Throughput Prediction and Scalable Video Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像配信 / video streaming  
キーワード(2)(和/英) アダプティブストリーミング / adaptive streaming  
キーワード(3)(和/英) ドローン / drone  
キーワード(4)(和/英) UAV(unmanned aerial vehicle) / UAV (unmanned aerial vehicle)  
キーワード(5)(和/英) 実証実験 / demonstration test  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 二瓶 浩一 / Koichi Nihei / ニヘイ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲斐 夏季 / Natsuki Kai / カイ ナツキ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 蝶野 慶一 / Keiichi Chono / チョウノ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 裕志 / Hiroshi Yoshida / ヨシダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 里田 浩三 / Kozo Satoda / サトダ コウゾウ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-23 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SeMI-2019-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会