電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-23 16:35
[招待講演]機械学習とセキュリティ
大畑幸矢産総研)・先崎佑弥Idein Inc.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 機械学習への期待は高まる一方であり、様々な分野において研究が進められたり産業応用が開始、あるいは検討されている状況にある。セキュリティ研究においても機械学習は従来からツールとして頻繁に用いられてきたが、近年では機械学習アルゴリズム、あるいは機械学習を組み込んだシステムを対象にしたセキュリティやプライバシに関する研究が活発に行われている。本講演ではそのようなセキュリティと機械学習の融合分野に関する最近の研究動向を、著者らの成果を交えながら紹介する。特に、敵対的に生成された小さなノイズを付加することで適切に訓練されたモデルでも高確率で騙すことができるAdversarial Examplesを中心に説明する。また、クラウド上のモデルをその入出力のみからローカルにコピーする「Model Extraction」、モデルの訓練に用いた教師データをモデルから抽出する「Model Inversion」、あるデータが教師データに含まれていたかどうかを推定する「Membership Inferences」も紹介する。加えて、機械学習とセキュリティに関する研究動向のうち、従来とは異なる潮流の研究事例として、電子透かし、バックドア、解釈性、CAPTCHA、公平性に関する最近の結果にも簡単に触れる予定である。 
(英) In this talk, we introduce several research results on machine learning security. Especially, we will explain about adversarial examples, model extraction, model inversion, and membership inferences.
キーワード (和) 敵対的入力 / モデル抽出 / 教師データ復元 / メンバーシップ推定 / / / /  
(英) Adversarial Examples / Model Extraction / Model Inversion / Membership Inferences / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 48, EMM2019-6, pp. 29-29, 2019年5月.
資料番号 EMM2019-6 
発行日 2019-05-16 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2019-05-23 - 2019-05-24 
開催地(和) 旭川市国際会議場 
開催地(英) Asahikawa International Conference Hall 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2019-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習とセキュリティ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Security of Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 敵対的入力 / Adversarial Examples  
キーワード(2)(和/英) モデル抽出 / Model Extraction  
キーワード(3)(和/英) 教師データ復元 / Model Inversion  
キーワード(4)(和/英) メンバーシップ推定 / Membership Inferences  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大畑 幸矢 / Satsuya Ohata / オオハタ サツヤ
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 先崎 佑弥 / Yuya Senzaki / センザキ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) Idein Inc. (略称: Idein Inc.)
Idein Inc. (略称: Idein Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-23 16:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2019-6,IEICE-EMM2019-6 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.47(IT), no.48(EMM) 
ページ範囲 p.29 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-IT-2019-05-16,IEICE-EMM-2019-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会