電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-22 14:30
[招待講演]省電力高速データ通信に向けた電子スピン偏極制御面発光レーザ
横田信英二坂薫平東北大)・池田和浩産総研)・八坂 洋東北大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) IoT技術の進展を支える省電力高速データ通信用光源技術の開拓が求められている.我々は低コストかつ省電力な面発光レーザ(VCSEL)の超高速動作を可能とする,レーザ活性層における電子スピン偏極度を変調するスピン偏極変調法を提案した.本変調法を用いることで,複屈折に起因した発振偏光モード間の分離周波数に一致した変調周波数で共鳴的変調感度向上効果が得られ,緩和振動周波数に制限されない広い変調周波数帯域でVCSELの出力偏光を変調することが可能となることをスピンフリップレート方程式解析により明らかにした.光学的スピン電子注入技術を用いた原理検証実験により,1.55 um帯VCSELにおいて緩和振動周波数に制限されない23 GHzの3 dB変調帯域幅が得られることを確認した.また,偏光変調光は偏光子を用いることで位相変調光へとフォーマット変換できることを解析結果から明らかにした. 
(英) A low-power and high-speed data communication is required to support a development of IoT technologies. For drastically increasing a modulation speed of vertical-cavity surface-emitting lasers (VCSELs) with low cost and low power consumption, we proposed a spin polarization modulation scheme where the electron spin polarization in an active region is modulated. Spin flip rate equation analyses revealed that an enhanced modulation sensitivity at the frequency coincident with a birefringence-induced polarization mode splitting is obtained under the spin polarization modulation, which leads to a wide modulation bandwidth of the VCSEL not limited by the relaxation oscillation frequency. A wide 3-dB bandwidth of 23 GHz was experimentally confirmed under an optical spin polarization modulation technique. In addition, a format conversion method with a polarizer from a polarization modulation to phase modulation for the spin-controlled VCSEL was theoretically suggested.
キーワード (和) 面発光レーザ / 電子スピン / スピン緩和 / 複屈折 / 高速変調 / / /  
(英) VCSEL / Electron spin / Spin relaxation / Birefringence / High-speed modulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 46, MWP2019-1, pp. 1-4, 2019年5月.
資料番号 MWP2019-1 
発行日 2019-05-15 (MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MWP  
開催期間 2019-05-22 - 2019-05-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) MWP一般 
テーマ(英) Microwave Photonics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MWP 
会議コード 2019-05-MWP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 省電力高速データ通信に向けた電子スピン偏極制御面発光レーザ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spin-Controlled Vertical-Cavity Surface-Emitting Lasers for Low-Power and High-Speed Data Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 面発光レーザ / VCSEL  
キーワード(2)(和/英) 電子スピン / Electron spin  
キーワード(3)(和/英) スピン緩和 / Spin relaxation  
キーワード(4)(和/英) 複屈折 / Birefringence  
キーワード(5)(和/英) 高速変調 / High-speed modulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 信英 / Nobuhide Yokota / ヨコタ ノブヒデ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二坂 薫平 / Kunpei Nisaka / ニサカ クンペイ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 和浩 / Kazuhiro Ikeda / イケダ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八坂 洋 / Hiroshi Yasaka / ヤサカ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-22 14:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 MWP 
資料番号 IEICE-MWP2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MWP-2019-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会