電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-21 12:00
量子多証明者ゼロ知識系の解析
木下裕介名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) ゼロ知識条件下の量子多証明者対話型証明系の解析を行い、 Honest ゼロ知識条件と一般ゼロ知識条件が同値であること、ある暗号理論的仮定のもとで量子多証明者対話型証明系が計算論的ゼロ知識に行えることを証明した。 
(英) Zero-knowledge and multi-prover systems are both central notions in classical and quantum complexity
theory. There is, however, little research in quantum multi-prover zero-knowledge systems. This paper studies
complexity-theoretical aspects of the quantum multi-prover zero-knowledge systems. This paper has two results:
• QMIP ∗ systems with honest zero-knowledge can be converted into general zero-knowledge systems without any
assumptions.
• QMIP ∗ has computational quantum zero-knowledge systems if a natural computational conjecture holds.
One of the main tools is a test (called the GHZ test) that uses GHZ states shared by the provers, which prevents the
verifier’s attack in the above two results. Another main tool is what we call the Local Hamiltonian based Interactive
protocol (LHI protocol). The LHI protocol makes previous research for Local Hamiltonians applicable to check the
history state of interactive proofs, and we then apply Broadbent et al.’s zero-knowledge protocol for QMA[5] to
quantum multi-prover systems in order to obtain the second result.
キーワード (和) 量子計算 / 多証明者相互証明系 / ゼロ知識証明系 / / / / /  
(英) Quantum Complexity / Multi-interactive proof system / zero-knowledge / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-05-20 - 2019-05-21 
開催地(和) 九州大学 筑紫キャンパス 
開催地(英) Kyushu University, Chikushi Campus 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子多証明者ゼロ知識系の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Quantum Multi-Prover Zero-Knowledge Systems: Elimination of the Honest Condition and Computational Zero-Knowledge Systems for QMIP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子計算 / Quantum Complexity  
キーワード(2)(和/英) 多証明者相互証明系 / Multi-interactive proof system  
キーワード(3)(和/英) ゼロ知識証明系 / zero-knowledge  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 裕介 / Yusuke Kinoshita / キノシタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Unigersity (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-21 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会