電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-21 11:00
[招待講演]量子測定理論と不確定性原理への状態依存的アプローチ
小澤正直名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 量子測定の統計は測定が行なわれる状態に依存しているにもかかわらず,測定誤差や擾乱などの統計的性質を状態依存的に扱うことには困難があった.本講演では,物理量の可換性や同一性などの基本概念を状態依存的に一般化することにより,量子測定と不確定性原理の状態依存的な理論展開が可能になることを解説する. 
(英) Although the statistics of quantum measurements depend on the state in which measurements are made, it has been difficult to treat statistical properties such as measurement errors and disturbances in a state-dependent manner. In this talk, we will explain that a state-dependent approach to quantum measurement theory and the uncertainty principle is possible by generalizing basic concepts such as commutability and identity of physical quantities in a state-dependent manner.
キーワード (和) 量子測定 / 確率再現可能性 / 反復可能性 / 所有値再現可能性 / 量子完全相関 / 同時測定 / 2乗平均平方根誤差 / 不確定性原理  
(英) quantum measurement / probability reproducibility / repeatability / value reproducibility / quantum perfect correlation / simultaneous measurement / root-mean-square error / uncertainty principle  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-05-20 - 2019-05-21 
開催地(和) 九州大学 筑紫キャンパス 
開催地(英) Kyushu University, Chikushi Campus 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子測定理論と不確定性原理への状態依存的アプローチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) State-Dependent Approach to Quantum Measurement Theory and the Uncertainty Principle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子測定 / quantum measurement  
キーワード(2)(和/英) 確率再現可能性 / probability reproducibility  
キーワード(3)(和/英) 反復可能性 / repeatability  
キーワード(4)(和/英) 所有値再現可能性 / value reproducibility  
キーワード(5)(和/英) 量子完全相関 / quantum perfect correlation  
キーワード(6)(和/英) 同時測定 / simultaneous measurement  
キーワード(7)(和/英) 2乗平均平方根誤差 / root-mean-square error  
キーワード(8)(和/英) 不確定性原理 / uncertainty principle  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 正直 / Masanao Ozawa / オザワ マサナオ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-21 11:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会