電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-21 09:40
Every entangled state provides an advantage in classical communication
Stefan BaumlTU Delft)・Andreas WinterUAB)・Dong YangUniv. Bergen
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) We investigate whether for any entangled state, including bound entangled states, there exists a quantum channel the classical capacity of which can be increased by providing the state as an additional resource. We show, for any entangled state, the existence of a quantum memory channel the feedback-assisted classical capacity with product encodings of which can be increased by using the state as a resource. Using a different channel construction, we also provide a sufficient entropic condition for an advantage in classical communication and thus provide an example of a state that is not distillable by means of one-way LOCC, but can provide an advantage in the classical communication. As separable states cannot provide such an advantage, our condition also provides an entanglement witness. 
(英) We investigate whether for any entangled state, including bound entangled states, there exists a quantum channel the classical capacity of which can be increased by providing the state as an additional resource. We show, for any entangled state, the existence of a quantum memory channel the feedback-assisted classical capacity with product encodings of which can be increased by using the state as a resource. Using a different channel construction, we also provide a sufficient entropic condition for an advantage in classical communication and thus provide an example of a state that is not distillable by means of one-way LOCC, but can provide an advantage in the classical communication. As separable states cannot provide such an advantage, our condition also provides an entanglement witness.
キーワード (和) Classical Communication over Quantum Channel / Entanglement Assistance / Bound Entanglement / / / / /  
(英) Classical Communication over Quantum Channel / Entanglement Assistance / Bound Entanglement / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-05-20 - 2019-05-21 
開催地(和) 九州大学 筑紫キャンパス 
開催地(英) Kyushu University, Chikushi Campus 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-05-QIT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Every entangled state provides an advantage in classical communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Classical Communication over Quantum Channel / Classical Communication over Quantum Channel  
キーワード(2)(和/英) Entanglement Assistance / Entanglement Assistance  
キーワード(3)(和/英) Bound Entanglement / Bound Entanglement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Stefan Bauml / Stefan Bauml /
第1著者 所属(和/英) Delft University of Technology (略称: TU Delft)
Delft University of Technology (略称: TU Delft)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Andreas Winter / Andreas Winter /
第2著者 所属(和/英) Universitat Autonoma de Barcelona (略称: UAB)
Universitat Autonoma de Barcelona (略称: UAB)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Dong Yang / Dong Yang /
第3著者 所属(和/英) University of Bergen (略称: Univ. Bergen)
University of Bergen (略称: Univ. Bergen)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-21 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会