お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-20 09:40
Heralded amplification of nonlocality via entanglement swapping for long-distance device-independent quantum key distribution
Yoshiaki TsujimotoNICT)・Chenglong YouLSU)・Kentaro WakuiMikio FujiwaraKazuhiro HayasakaShigehito MikiHirotaka TeraiMasahide SasakiNICT)・Jonathan P. DowlingLSU)・Masahiro TakeokaNICT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) To realize the practical implementation of device-independent quantum key distribution~(DIQKD), the main difficulty is that its security relies on the detection-loophole-free violation of the Clauser-Horne-Shimony-Holt~(CHSH) inequality, i.e. the CHSH value $S>2$.
One of the simplest methods to circumvent the loss in the transmission
channel, which creates the detection loophole, is to utilize the entanglement swapping relay~(ESR).
Here, we propose
an improved version of the heralded nonlocality amplifier protocol based on the ESR, and numerically show that our scheme is much more robust against the transmission loss than the previously developed protocol.
In experiment, we observe that the obtained probability distribution is in excellent agreement with those expected by the numerical simulation with experimental parameters which are precisely characterized in a separate measurement.
Moreover, after the transmission of 10~dB loss,
the nonlocality of the heralded state just before detection is estimated to be $S=2.104>2$, which indicates that our final state possesses strong nonlocality even with various experimental imperfections.
Our result clarifies an important benchmark of the ESR protocol, and paves the way towards the long-distance realization of the loophole-free CHSH-violation as well as DIQKD.
キーワード (和) 量子通信 / 量子暗号 / パラメトリック下方変換 / 量子もつれ光子対 / ベルの不等式 / / /  
(英) Quantum communication / Quantum cryptography / Spontaneous parametric-down conversion / entangled photon pair / Bell inequality / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-05-20 - 2019-05-21 
開催地(和) 九州大学 筑紫キャンパス 
開催地(英) Kyushu University, Chikushi Campus 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-05-QIT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Heralded amplification of nonlocality via entanglement swapping for long-distance device-independent quantum key distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子通信 / Quantum communication  
キーワード(2)(和/英) 量子暗号 / Quantum cryptography  
キーワード(3)(和/英) パラメトリック下方変換 / Spontaneous parametric-down conversion  
キーワード(4)(和/英) 量子もつれ光子対 / entangled photon pair  
キーワード(5)(和/英) ベルの不等式 / Bell inequality  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 逵本 吉朗 / Yoshiaki Tsujimoto / ツジモト ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) チェンロン ユー / Chenglong You / チェンロン ユー
第2著者 所属(和/英) ルイジアナ州立大学 (略称: LSU)
Louisiana State University (略称: LSU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和久井 健太郎 / Kentaro Wakui / ワクイ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 幹生 / Mikio Fujiwara / フジワラ ミキオ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 早坂 和弘 / Kazuhiro Hayasaka / ハヤサカ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 茂人 / Shigehito Miki / ミキ シゲヒト
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 弘高 / Hirotaka Terai / テライ ヒロタカ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 雅英 / Masahide Sasaki / ササキ マサヒデ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) ジョナサン ピー ダウリン / Jonathan P. Dowling / ジョナサン ピー ダウリン
第9著者 所属(和/英) ルイジアナ州立大学 (略称: LSU)
Louisiana State University (略称: LSU)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 武岡 正裕 / Masahiro Takeoka / タケオカ マサヒロ
第10著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-20 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会