お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-20 13:50
プレス加工における被加工材の伸長量の表面波を用いた計測
若松星那田川憲男楊 明首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 超音波は空気などの気体だけではなく,液体や固体にも伝搬する性質があり,物体の形状計測や非破壊検査に利用されている.光、特にレーザ光を用いて超音波と同様の計測を行う方法も存在する.しかし,計測器のコスト,サイズの面で,超音波での計測はより手軽に計測することが可能である.プレス加工では、プレス機で金型を介して鋼材などの被加工材をプレスする.その際に,プレスによる被加工材の伸長量を正確に計測できれば,加工精度の向上が期待できる.それは,金型と金型の間に存在する被加工材端面の位置(凹みの深さ)の計測によって可能である.本研究では,表面波を金型に伝搬させ,被加工材端面からの反射波の計測方法を,有限要素法シミュレーションを用いて検討する. 
(英) Ultrasonic waves have the property of propagating not only to gases such as air but also to liquids and solids, and are used for shape measurement of objects and nondestructive testing. There is also a method of performing measurement similar to ultrasound using light, in particular laser light. However, in terms of cost and size of the measuring instrument, it is possible to measure with ultrasonic waves more easily. In press processing, a work material such as steel is pressed through a die with a press machine. At that time, if the amount of elongation of the material to be processed by the press can be measured accurately, improvement of the processing accuracy can be expected. It is possible by measuring the position of the end face of the workpiece (the depth of the dent) existing between the molds. In this study, surface waves are propagated to the mold, and the measurement method of the reflected wave from the end face of the workpiece is examined using the finite element method simulation.
キーワード (和) 表面波 / 非破壊検査 / プレス加工計測 / / / / /  
(英) surface wave / non-destructive inspection / press processing measurement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 45, US2019-10, pp. 13-16, 2019年5月.
資料番号 US2019-10 
発行日 2019-05-13 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2019-05-20 - 2019-05-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-05-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プレス加工における被加工材の伸長量の表面波を用いた計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of Extension Amount of the Workpiece in Stamping by Using Surface Wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表面波 / surface wave  
キーワード(2)(和/英) 非破壊検査 / non-destructive inspection  
キーワード(3)(和/英) プレス加工計測 / press processing measurement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若松 星那 / Wakamatsu Sena / ワカマツ セナ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田川 憲男 / Norio Tagawa / タガワ ノリオ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楊 明 / Yang Ming /
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-20 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-10 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.45 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2019-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会