お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-20 17:05
キャビテーション発生を伴う音場での光ファイバプローブハイドロホンの出力信号成分
小池義和市川将稔竹内 聡佐藤成将芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは、キャビテーション下で絶対音圧を測定するために、反射型の光ファイバプローブハイドロホン(FOPH: Fiber Optic Probe Hydrophone)を用いることを試みている。FOPHは高周波数において既存のハイドロホンと比べて同程度の正確な測定が可能なことが知られている。これに対して、FOPHを用いた100kHz以下の低周波数での音圧測定結果の報告例は少ない。これまでの研究結果から、低周波数における音圧測定に対する適用可能性を確認している。FOPHは従来のハイドロホンよりも感度は劣るが、堅牢性があり、広帯域の周波数特性を実現できる可能性がある。しかし、端面の音圧による屈折率変化を用いるため、キャビテーション気泡の発生が出力音圧に大きな影響を与えることが想定される。これまでの測定においても低周波領域では高周波と異なり、観測波形にインパルス的な歪が多く含まれる。
本報告では、ノイズ低減を行ったFOPHシステムを作製し、これを用いて取得した信号波形に含まれる歪の要因について検討を行っている。そして、キャビテーション環境下での測定精度について検討した。 
(英) Authors proposed that a reflection type fiber optic probe hydrophone (FOPH) is suitable for the absolute sound pressure measurement of the ultrasonic cleaning machine under cavitation. The reflection type has a potential for realization of wide frequency response although the sensitivity is inferior to the conventional hydrophone. The precision of the FOPH at higher sound pressure is almost same as the conventional piezoelectric type hydrophone beyond 100kHz. However, the measurement accuracy of the FOPH below 100kHz becomes lower due to cavitation bubbles. The cavitation bubbles give large refractive index variation at the probe point of FOPH. And, hence, impulse distortion appears in the output signal and the measurement accuracy becomes lower. Therefore, the sound measurement below 100kHz has not been examined fully yet.
In this report, distortion components of output wave signal in FOPH under cavitation are examined. Moreover, the component caused by cavitation is found.
キーワード (和) 超音波洗浄 / キャビテーション / ハイドロホン / 光ファイバプローブ / 超音波振動子 / 音圧測定 / 高調波 /  
(英) ultrasonic cleaning / cavitatio / hydrophone / fiber optic probe hydrophone / ultrasonic transducer / sound pressure measurement / harmonics /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 45, US2019-17, pp. 41-46, 2019年5月.
資料番号 US2019-17 
発行日 2019-05-13 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2019-05-20 - 2019-05-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-05-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キャビテーション発生を伴う音場での光ファイバプローブハイドロホンの出力信号成分 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Output Signal Component of Optical Fiber Probe Hydrophone under Cavitation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波洗浄 / ultrasonic cleaning  
キーワード(2)(和/英) キャビテーション / cavitatio  
キーワード(3)(和/英) ハイドロホン / hydrophone  
キーワード(4)(和/英) 光ファイバプローブ / fiber optic probe hydrophone  
キーワード(5)(和/英) 超音波振動子 / ultrasonic transducer  
キーワード(6)(和/英) 音圧測定 / sound pressure measurement  
キーワード(7)(和/英) 高調波 / harmonics  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 義和 / Yoshikazu Koike / コイケ ヨシカズ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 将稔 / Masatoshi Ichikawa / イチカワ マサトシ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 聡 / Sou Takeuchi / タケウチ ソウ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 成将 / Nariyuki Satoh / サトウ ナリユキ
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-20 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-17 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.45 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2019-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会