電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-17 10:30
サポートベクターマシンを用いた位置推定システムの研究
武藤直也伊藤瑞希丹羽正大柴田随道東京都市大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 少子高齢化が進み,独居世帯,高齢夫婦の二人世帯,高齢者と子の二人世帯の割合が増加している.こうした高齢社会の安心・安全を支える遠隔見守り技術の開発に注目が集まっている.住居や施設でさり気なく人の動きを見守るための人の位置推定方法には幾つかの技術が考えられるが,将来,IoTの普及とともに各種センサからの無線信号を束ねるゲートウェイ装置が普及すると,見守る人にビーコンを着用させてビーコンから送信される信号を複数のゲートウェイで受信し,その受信強度データから発信源の位置を推定することが可能となる.本研究では,その推定にサポートベクターマシンによる機械学習を用いる方法を提案し,2次元,3次元,4次元サポートベクターマシンによる自動推定結果の正答率の比較を行う. 
(英) With the declining birthrate and aging population, the proportion of single-living households, two-person households of elderly couples, and two-person households of elderly and a child is increasing. Attention has been focused on the development of remote monitoring of the safety and security of these households. There are several techniques for estimating the position of people in residences and facilities indirectly. In the future, use of the gateway devices that aggregate wireless signals from various sensors will become popular with the spread of the Internet of things. These devices make it possible to estimate the position of the beacon that people put on by using the received signal intensities. In this research, we propose a method using the support vector machine for the estimation, and compare the correct answer rate of estimation results with 2-dimensional, 3-dimensional and 4-dimensional support vector machines.
キーワード (和) 遠隔見守り / 位置推定 / 機械学習 / 独居世帯 / / / /  
(英) Remote Monitor of Persons / Position Estimation / Machine Learning / Single-living Households / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 42, EST2019-1, pp. 1-4, 2019年5月.
資料番号 EST2019-1 
発行日 2019-05-10 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2019-05-17 - 2019-05-17 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Inst. Tech. 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2019-05-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サポートベクターマシンを用いた位置推定システムの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on a position estimation system using the support vector machine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔見守り / Remote Monitor of Persons  
キーワード(2)(和/英) 位置推定 / Position Estimation  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) 独居世帯 / Single-living Households  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 直也 / Naoya Mutoh / ムトウ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 瑞希 / Mizuki Itoh / イトウ ミズキ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹羽 正大 / Masahiro Niwa / ニワ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 随道 / Tsugumichi Shibata / シバタ ツグミチ
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: TCU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-17 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.42 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EST-2019-05-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会