電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-17 13:50
多周波ステップレーダMIMOドップライメージングにおける人工蜂コロニー法を用いたスパース素子配列最適化
谷口 匠稲葉敬之電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは自動運転用車載レーダ等への適用を想定し,多周波ステップレーダによる前方画像化のためのMIMOドップライメージング法を提案している.当手法は,前方をドップライメージングでゲート化しビームフォーミングの狭ビームにより分解能を改善し,側方はビームフォーミングにて左右ゲート化してドップライメージングで高分解能化するハイブリット方式であり,ドップライメージングにおける前方分解能低下と左右判別不可能という課題を克服することを目的とした方式である.本論文では前方に焦点をあて,ドップライメージングでゲート化することでMIMOビームフォーミングとしてはゲート外にグレーティングを許容し角度の高分解能化を少ない送受信アレー素子数で実現するMIMOアレー素子配置について検討する.具体的には,人工蜂コロニー法を用いてスパースかつ不等間隔なMIMOアレー素子配列を,素子数,アンビギュイティ範囲,低サイドローブの観点で最適化する手法を提案し計算機シミュレーションによる評価を行う. 
(英) Authors have proposed MIMO Doppler imaging method for forward imaging by Stepped Multiple Frequency Radar assuming the application to automotive radar for the autonomous driving. The method is a hybrid method which improves the angular resolution of forward area by the narrow beam of beam-forming process after the gating process by Doppler imaging and also improves that of side area with Doppler imaging after the gating process by the beam-forming to identify the side where the target exists. The proposed method overcomes not only the deterioration of the resolution of forward area but also the problem that Doppler imaging cannot identify the side of the target. In this article, we focus on the forward area and consider the arrangement of MIMO array elements which realize the high angular resolution with a small number of transmit and receiving array elements by permitting the power of the grating lobe outside of the gate by Doppler imaging. We propose a method which optimizes the arrangement of sparse and unequally-spaced MIMO array elements from the aspect of the number of element, ambiguity bounds, and low side lobe using Artificial Bee Colony (ABC) algorithm. The proposed method is also evaluated by computational simulations.
キーワード (和) MIMOレーダ / サイドローブ / 人工蜂コロニーアルゴリズム / 多周波ステップ方式 / / / /  
(英) MIMO Radar / Side lobe / Artificial Bee Colony Algorithm / Stepped Multiple Frequency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 28, AP2019-12, pp. 65-70, 2019年5月.
資料番号 AP2019-12 
発行日 2019-05-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-17 
開催地(和) かんぽの宿 有馬 
開催地(英) Kanpo-no-yado Arima (Arima Onsen, Hyogo) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多周波ステップレーダMIMOドップライメージングにおける人工蜂コロニー法を用いたスパース素子配列最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sparse Element Array Optimization Using Artificial Bee Colony Method in Stepped Multiple Frequency Radar MIMO Doppler Imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOレーダ / MIMO Radar  
キーワード(2)(和/英) サイドローブ / Side lobe  
キーワード(3)(和/英) 人工蜂コロニーアルゴリズム / Artificial Bee Colony Algorithm  
キーワード(4)(和/英) 多周波ステップ方式 / Stepped Multiple Frequency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 匠 / Takumi Taniguchi / タニグチ タクミ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 敬之 / Takayuki Inaba / イナバ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-17 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-12 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会