電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 14:20
バイポーラトランジスタを持つ伝送線路帰還型F級発振器を用いたマイクロ波-直流相互変換
佐薙 稔若山瑠佑岡山大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) バイポーラトランジスタを用いた伝送線路帰還型F級発振器を使用してマイクロ波電力を直流電力に変換する実験を行った.発振器においては開放スタブを用いて4次までの高調波を処理している.発振周波数が2.45GHzとなるように発振器を設計した.試作した発振器の実験により最大46%のコレクタ効率を得た.この発振器を用いて,発振周波数に等しい2.45GHzのマイクロ波電力を最大53%の変換効率で直流電力に変換した. 
(英) Experiments converting the microwave power to the DC power were carried out using a transmission line feedback class F oscillator with a bipolar transistor. Harmonics up to 4th order are treated with open stubs in the oscillator. The oscillator with the oscillation frequency of 2.45GHz was designed. The maximum collector efficiency of 46% was obtained with experiments of the prototyped oscillator. The microwave power at a frequency of 2.45GHz equal to the oscillation frequency was converted to the DC power with the maximum conversion efficiency of 53%.
キーワード (和) マイクロ波 / バイポーラトランジスタ / 伝送線路帰還型発振器 / F級発振器 / マイクロ波-直流相互変換 / / /  
(英) microwave / bipolar transistor / transmission line feedback oscillator / class F oscillator / microwave-DC interconversion / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 37, MW2019-13, pp. 19-24, 2019年5月.
資料番号 MW2019-13 
発行日 2019-05-09 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-16 
開催地(和) 摂南大学 
開催地(英) Setunan Univ. 
テーマ(和) マイクロ波/一般 
テーマ(英) Microwave 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2019-05-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バイポーラトランジスタを持つ伝送線路帰還型F級発振器を用いたマイクロ波-直流相互変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Microwave-DC Interconversion Using a Transmission Line Feedback Class F Oscillator with a Bipolar Transistor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / microwave  
キーワード(2)(和/英) バイポーラトランジスタ / bipolar transistor  
キーワード(3)(和/英) 伝送線路帰還型発振器 / transmission line feedback oscillator  
キーワード(4)(和/英) F級発振器 / class F oscillator  
キーワード(5)(和/英) マイクロ波-直流相互変換 / microwave-DC interconversion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐薙 稔 / Minoru Sanagi / サナギ ミノル
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 瑠佑 / Ryusuke Wakayama / ワカヤマ リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-16 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2019-13 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2019-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会