お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 12:55
Frequency Selective Surfaceを利用した多層型電磁波吸収体の設計に関する研究
薫田敬太納 文也佐藤祐喜吉門進三同志社大MW2019-10 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2019-10
抄録 (和) 導電性フィラーをポリスチレン樹脂に分散させた複合体平板上にFrequency Selective Surfaceとして機能する導体パターンを周期的に配列した単位構造を複数層重ね,後面に反射板を取り付けた単層型および多層型パターン吸収体を設計し,その吸収特性をシミュレーションにより評価した.導電性フィラーとしてカーボンブラックを用いた.パターンサイズ,パターン配列間隔,複合体の厚さを同時にスケールアップ・ダウン(スケーリング)することにより吸収中心周波数は容易に変化可能であり,3つの可変パラメータがある単層型パターン電磁波吸収体およびそれ以上の可変パラメータがある多層型パターン吸収体の設計が容易になった。導電性フィラーとしてカーボンブラックを用いた場合,複素比誘電率実部の制御が容易であり,所望の吸収中心周波数は容易に変化可能であった。 
(英) A single-layer and multilayer type pattern electromagnetic wave absorber which has metal back reflector on the rear surface, and has periodically arranged conductive patterns operate as frequency selective surface on the surface of the composite plate made of conductive fillers dispersed in polystyrene resin were designed and those of absorption characteristics were evaluated by simulation. Scaling up and down of pattern size, pattern interval space, and thickness of composite plate easily changes absorption center frequency making design of pattern absorber with three or more variable parameters easier. Using carbon black as conductive filler was easy to control complex relative permittivity real part making it easier to change absorption center frequency.
キーワード (和) 電磁波吸収体 / パターン吸収体 / カーボンブラック / スケーリング / 単層型パターン吸収体 / 多層型パターン吸収体 / /  
(英) Electromagnetic wave absorber / Pattern absorber / Carbon black / Scaling / Single-layer pattern absorber / Multilayer pattern absorber / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 37, MW2019-10, pp. 1-6, 2019年5月.
資料番号 MW2019-10 
発行日 2019-05-09 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2019-10 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2019-10

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-16 
開催地(和) 摂南大学 
開催地(英) Setunan Univ. 
テーマ(和) マイクロ波/一般 
テーマ(英) Microwave 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2019-05-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Frequency Selective Surfaceを利用した多層型電磁波吸収体の設計に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Design Method of Two-layer Electromagnetic Wave Absorber Using Frequency Selective Surface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁波吸収体 / Electromagnetic wave absorber  
キーワード(2)(和/英) パターン吸収体 / Pattern absorber  
キーワード(3)(和/英) カーボンブラック / Carbon black  
キーワード(4)(和/英) スケーリング / Scaling  
キーワード(5)(和/英) 単層型パターン吸収体 / Single-layer pattern absorber  
キーワード(6)(和/英) 多層型パターン吸収体 / Multilayer pattern absorber  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薫田 敬太 / Keita Kunda / クンダ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 納 文也 / Fumiya Osame / オサメ フミヤ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 祐喜 / Yuuki Sato / サトウ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉門 進三 / Shinzo Yoshikado / ヨシカド シンゾウ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-16 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2019-10 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2019-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会