お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 14:00
[ポスター講演]外部変調方式を用いたブリルアンOCDR
野田康平李 煕永水野洋輔中村健太郎東工大OFT2019-2
抄録 (和) 従来のブリルアン光相関領域反射計(ブリルアンOCDR; BOCDR)は、レーザの駆動電流の直接変調に基づいて動作していた。しかし、この「直接変調方式」には次の3つの欠点が存在した。すなわち、(i) 変調特性の優れたレーザを選定する必要があること、(ii) 周波数変調は必ずパワー変調を伴うこと、(iii) 変調振幅および変調周波数が相互に依存すること、である。そこで、我々はこれまでに「外部変調方式」を提案し、(ブリルアン散乱でなくレイリー散乱やフレネル反射を用いた)OCDRにおいては、(i) と (iii) の欠点が克服されることを実証した。しかし、外部変調方式を用いて生成した周波数変調光はパワーが比較的低く、直接BOCDRに適用することは困難であった。以上を踏まえ、本研究では、周波数変調された光を適切に増幅することにより、外部変調方式に基づくBOCDRの基本動作を初めて実証する。実験では、長さ2.8 mの光ファイバ中の0.8 mの区間に印加された約0.7%の歪を正しく検知できることを示す。 
(英) All the configurations of Brillouin optical correlation-domain reflectometry (Brillouin OCDR; BOCDR) previously reported have been based on the direct modulation of the laser driving current. However, it poses three disadvantages: (i) standard lasers are not designed for high-speed large-amplitude modulation, (ii) frequency modulation inevitably accompanies power modulation, and (iii) the modulation amplitude and frequency are mutually dependent. To date, we have developed a new configuration called an external-modulation scheme and already demonstrated that the drawbacks (i) and (iii) can be mitigated in OCDR, which is based not on Brillouin scattering but on Rayleigh scattering and Fresnel reflection. However, distributed strain measurement based on BOCDR with the external-modulation scheme has not been demonstrated yet, because the power of the frequency-modulated light is not sufficiently high. In this work, by properly amplifying the frequency-modulated light, we demonstrate basic operation of BOCDR based on the external-modulation scheme. We show that, when strain of less than ~0.7% is applied to a 0.8-m-long section of a 2.8-m-long fiber, the obtained distributions of the Brillouin gain spectrum and the Brillouin frequency shift are in good agreement with simulation results.
キーワード (和) 光ファイバセンシング / 歪分布測定 / ブリルアン散乱 / BOCDR / / / /  
(英) optical fiber sensing / distributed strain measurement / Brillouin scattering / BOCDR / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 33, OFT2019-2, pp. 7-10, 2019年5月.
資料番号 OFT2019-2 
発行日 2019-05-09 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2019-2

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-17 
開催地(和) I-siteなんば 
開催地(英) I-site NANBA 
テーマ(和) 一般(一般セッションおよび学生ポスターセッション) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2019-05-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 外部変調方式を用いたブリルアンOCDR 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) External modulation scheme for Brillouin OCDR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバセンシング / optical fiber sensing  
キーワード(2)(和/英) 歪分布測定 / distributed strain measurement  
キーワード(3)(和/英) ブリルアン散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(4)(和/英) BOCDR / BOCDR  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 康平 / Kohei Noda / ノダ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 煕永 / Heeyoung Lee / イ ヒヨン
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-16 14:00:00 
発表時間 100 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2019-2 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2019-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会