電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 14:30
合成開口測定法における物理モデルの考察
山口 良ソフトバンクAP2019-4
抄録 (和) 合成開口アンテナ技術を利用して長尺アンテナ遠方界測定や到来方向高分解能測定ができる.本報告では,回転測定と仮想アレーアンテナを組合せることにより共通の原理でこれらの異なる測定が実現できることを示す.この測定法に用いる装置は,通常のアンテナ測定に用いられる汎用の観測アンテナ,回転台,ベクトルネットワークアナライザ等のベクトル受信機であり容易に構築・活用できる特長がある.ここでは,この簡易な測定法の理解のために回転測定による合成開口測定の原理とそのコンセプト・物理モデルを考察する. 
(英) Far field measurement method using synthetic aperture method is effective to an 1-dimensional long antenna like a mobile communications BTS antenna. On the other hand, it is thought that the same technique can be applied to DOA measurements around BTS and UE. In this report, we discuss both similar points and different features between long antenna measurements and DOA measurements on mobile communications by using common concept and physical models.
キーワード (和) 仮想アレーアンテナ / 合成開口アンテナ / 遠方界測定 / 到来方向測定 / / / /  
(英) virtual array antenna / synthetic aperture antenna / far field measurement / direction of arrival estimation (DOA) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 28, AP2019-4, pp. 19-24, 2019年5月.
資料番号 AP2019-4 
発行日 2019-05-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-4

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-17 
開催地(和) かんぽの宿 有馬 
開催地(英) Kanpo-no-yado Arima (Arima Onsen, Hyogo) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 合成開口測定法における物理モデルの考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on Physical Models of Synthetic Aperture Measurement Techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想アレーアンテナ / virtual array antenna  
キーワード(2)(和/英) 合成開口アンテナ / synthetic aperture antenna  
キーワード(3)(和/英) 遠方界測定 / far field measurement  
キーワード(4)(和/英) 到来方向測定 / direction of arrival estimation (DOA)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 良 / Ryo Yamaguchi / ヤマグチ リョウ
第1著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: ソフトバンク)
Soft Bank (略称: Soft Bank)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-16 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会