お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 16:35
電波の偏波表現に関する一考察
内藤 出新居浜高専MW2019-18
抄録 (和) 電波の偏波状態は,旋回方向を符号で考慮した軸比とチルト角,あるいは複素偏波比で表現され,幾何的表現としてポアンカレ球上の一点として表される.これらは確立されたもので,互いに一意に変換できるものである.しかし,文献によって定義の詳細が異なり,同一の文献中でも整合しない場合があるように見受けられ,混乱を生む可能性があると感じられた.このような状況に対して,偏波状態の直感的な認識に合致し,解析的取り扱いやグラフ表示に馴染むと期待される偏波表現の案を示し,いくつかの文献と比較した結果を報告する.ご指摘・ご批判を頂ければ幸いである. 
(英) A polarization state of an electromagnetic wave is described by any one of the following representations: an axial ratio which carries a sign according to the sense of rotation, and a tilt angle; a complex polarization ratio; a point on the Poincaré sphere. These representations have been established and are uniquely transformed one another. But unfortunately, the detailed definitions of these representations depend on the references, and occasionally inconsistency might be found between the representations within the reference. These situations could cause unnecessary confusion. In consideration for these situations, a polarization state representation is presented based on the intuitive recognition of polarization states, which is suitable for analytical treatment and graph plotting. The presented representation is compared with those in the references.
キーワード (和) 偏波 / 軸比 / チルト角 / 複素偏波比 / ポアンカレ球 / / /  
(英) Polarization / Axial ratio / Tilt angle / Complex polarization ratio / Poincaré sphere / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 37, MW2019-18, pp. 47-52, 2019年5月.
資料番号 MW2019-18 
発行日 2019-05-09 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2019-18

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-16 
開催地(和) 摂南大学 
開催地(英) Setunan Univ. 
テーマ(和) マイクロ波/一般 
テーマ(英) Microwave 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2019-05-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波の偏波表現に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A note on representation of electromagnetic wave polarization states 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 偏波 / Polarization  
キーワード(2)(和/英) 軸比 / Axial ratio  
キーワード(3)(和/英) チルト角 / Tilt angle  
キーワード(4)(和/英) 複素偏波比 / Complex polarization ratio  
キーワード(5)(和/英) ポアンカレ球 / Poincaré sphere  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 出 / Izuru Naito / ナイトウ イヅル
第1著者 所属(和/英) 新居浜工業高等専門学校 (略称: 新居浜高専)
National Institute of Technology, NIIHAMA College (略称: NIT, NIIHAMA College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-16 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2019-18 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2019-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会