電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-15 14:50
低緯度地域における流星バースト通信実験に関する一報告
和田忠浩和田口寛記椋本介士静岡大)・I Wayan Mustikaガジャ・マダ大)・Linawatiウダヤナ大)・岡田 啓名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 流星バースト通信(MBC: Meteor Burst Communication)は, 宇宙塵が地球に突入する際に発生する流星バーストによる低VHF帯電波の反射現象を利用した見通し外通信である. 著者らは, 低緯度地域でのMBCの通信性能を検証するため2017年度よりインドネシアにてMBC実験を開始している. 本稿では, 低緯度地域におけるMBC実験の概要を説明する. そして, 雑音電力特性, パケット伝送特性, 流星バースト通信路の継続時間特性など, これまでに得られた結果を示す. 
(英) hen meteors enter into the Earth's atmosphere, ionized gas columns, which are called meteor bursts, are generated by friction with the atmosphere. Meteor Burst Communications (MBCs) are beyond Line-of-Site communication methods using reflection phenomena of low VHF band waves by the meteor bursts. Since 2017, we have conducted MBC experiments at Indonesia to obtain communication performance in equatorial regions. In this report, we briefly introduce the outline of the
MBC experiments and give some results of the experiments including measured noise power, packet transmission performance and the channel duration property of the meteor bursts.
キーワード (和) 流星バースト通信 / 低緯度地域 / インドネシア / / / / /  
(英) Meteor Burst Communicatios / Equatorial Regions / Indonesia / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 26, WBS2019-5, pp. 23-28, 2019年5月.
資料番号 WBS2019-5 
発行日 2019-05-08 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2019-05-15 - 2019-05-16 
開催地(和) 名城大学 天白キャンパス 
開催地(英) MEIJO University (Tempaku campus) 
テーマ(和) 符号化、変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal processing and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2019-05-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低緯度地域における流星バースト通信実験に関する一報告 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Report about the Experiment of Meteor Burst Communications in Equatorial Region. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 流星バースト通信 / Meteor Burst Communicatios  
キーワード(2)(和/英) 低緯度地域 / Equatorial Regions  
キーワード(3)(和/英) インドネシア / Indonesia  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 忠浩 / Tadahiro Wada / ワダ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田口 寛記 / Hiroki Wadaguchi / ワダグチ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 椋本 介士 / Kaiji Mukumoto / ムクモト カイジ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) I Wayan Mustika / I Wayan Mustika /
第4著者 所属(和/英) ガジャ・マダ大学 (略称: ガジャ・マダ大)
Gadjah Mada University (略称: Gadjah Mada Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Linawati / Linawati /
第5著者 所属(和/英) ウダヤナ大学 (略称: ウダヤナ大)
Udayana University (略称: Udayana Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-15 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2019-5 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2019-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会