電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-15 14:15
空間輝度分布によるQPSK OFDMローリングシャッター可視光通信
中條 渉名城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 汎用イメージセンサのローリングシャッターを利用して,フレームレートの数100~数1000倍のシンボルレートを実現するイメージセンサ可視光通信が報告されている.我々は1シンボル当たりのビット数の向上を図るため,LEDの空間輝度分布の変化を利用して16QAMローリングシャッター可視光通信を実証している.本稿では,空間輝度分布によるOFDMローリングシャッター可視光通信を実証し,更なるデータレート向上の可能性について検討を行っている.実際に30フレーム/秒の汎用イメージセンサをQVGAの解像度で用いて,サブキャリア間隔が約664 Hz又は399 Hz, 332 Hz又は199 Hz, 166 Hz又は100 Hzで,それぞれ4, 8, 16波のQPSK OFDMローリングシャッター可視光通信を実証している. 
(英) Rolling-shutter (RS)-based optical camera communications (OCC) have been studied to increase the symbol rate to several hundred times or several thousand times faster than the frame rate of the off-the-shelf image sensor. To increase the number of bits per symbol available for RS-based OCC, we have demonstrated 16-quadrature amplitude modulation (QAM) RS-based OCC by spatial luminance distribution of the light emitting diode (LED) surface. In this study, to increase the data rate further, we investigate RS-based orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) OCC by spatial luminance distribution. RS-based quadrature phase shift keying (QPSK) OFDM OCC is experimentally demonstrated with 4, 8, and 16 subcarriers which corresponds to 664- or 399-, 332- or 199-, and 166- or 100-Hz subcarrier spacing.
キーワード (和) 可視光通信 / 光学カメラ通信 / イメージセンサ / ローリングシャッター / OFDM / / /  
(英) Visible Light Communication / Optical Camera Communication / Image Sensor / Rolling Shutter / OFDM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 26, WBS2019-4, pp. 17-21, 2019年5月.
資料番号 WBS2019-4 
発行日 2019-05-08 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS SAT  
開催期間 2019-05-15 - 2019-05-16 
開催地(和) 名城大学 天白キャンパス 
開催地(英) MEIJO University (Tempaku campus) 
テーマ(和) 符号化、変復調・信号処理技術及び一般 
テーマ(英) Coding, Modulation, Signal processing and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2019-05-WBS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間輝度分布によるQPSK OFDMローリングシャッター可視光通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rolling-shutter-based QPSK OFDM optical camera communication by spatial luminance distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible Light Communication  
キーワード(2)(和/英) 光学カメラ通信 / Optical Camera Communication  
キーワード(3)(和/英) イメージセンサ / Image Sensor  
キーワード(4)(和/英) ローリングシャッター / Rolling Shutter  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中條 渉 / Wataru Chujo / チュウジョウ ワタル
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-15 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2019-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会