電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-11 10:25
ソフトな制約付き自転車再配置問題に対する解法の研究
對馬帆南木村貴幸松浦隆文日本工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) バイクシェアリングシステムの各ポートの自転車台数を調整するために,我々は,複数の自転車回収車を用 いた自転車再配置問題(mBSSRP)を提起し,CROSS-exchange の実行をタブーサーチ法で制御する手法を提案している.mBSSRP の目的は,デポを出発した回収車は制限時間内にデポに戻り,かつ,回収車の容量を超えて自転車を積込むことはできないなどの制約条件下で,回収車の総移動時間を最小化することである.しかし,この制約条件が厳しいために,探索過程において実行可能な近傍解が得られず,新たな解へ遷移できないといった問題が生じていた. そこで,本研究では制限時間と容量制約を違反しても良いソフトな制約と捉え,実行不可能解への遷移も可能な手法を提案する.具体的には,制限時間の超過時間,容量制約違反量をペナルティーとして目的関数に加える.数値実験の結果,実行不可能解も探索することで,実行可能解のみを探索する場合よりも優れた解を探索できることを確認した. 
(英) To restore the number of bicycle in each port of the bike sharing system, we have formulated a multi- ple-Vehicle Bike Sharing System Routing Problem (mBSSRP), and proposed a heuristic method. In the mBSSRP, all vehicles must satisfy a time limit constraint and a capacity constraint. In numerical simulation, for some instances, the proposed method cannot find a good solution. One of the reasons is that a current solution of the proposed method in a searching process can not move to a new solution because feasible neighborhood solutions cannot be obtained. Therefore, to find a good solution of the mBSSRP, in this paper, we propose a method that can move to an infeasible neighborhood solution. Specifically, an over time from the time limit and an excess amount from the capacity of vehicle are added to the objective function of the mBSSRP as a penalty. As a result of numerical experiments, we confirmed that we can find better solutions of the mBSSRP by searching for the infeasible solutions.
キーワード (和) バイクシェアリングシステム / 組合せ最適化 / 自転車再配置問題 / CROSS-exchange / タブーサーチ法 / / /  
(英) Bike sharing system / Combinatorial optimization / multiple-Vehicle Bike Sharing System Routing Problem / CROSS-exchange / Tabu search method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 19, NLP2019-12, pp. 65-70, 2019年5月.
資料番号 NLP2019-12 
発行日 2019-05-03 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2019-05-10 - 2019-05-11 
開催地(和) J:COM ホルトホール大分 
開催地(英) J:COM HoltoHALL OITA 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトな制約付き自転車再配置問題に対する解法の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of A Solving Method for a Multiple Vehicle Bike Sharing System Routing Problem with Soft Constraints 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイクシェアリングシステム / Bike sharing system  
キーワード(2)(和/英) 組合せ最適化 / Combinatorial optimization  
キーワード(3)(和/英) 自転車再配置問題 / multiple-Vehicle Bike Sharing System Routing Problem  
キーワード(4)(和/英) CROSS-exchange / CROSS-exchange  
キーワード(5)(和/英) タブーサーチ法 / Tabu search method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 對馬 帆南 / Honami Tsushima / ツシマ ホナミ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 貴幸 / Takayuki Kimura / キムラ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 隆文 / Takafumi Matsuura / マツウラ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-11 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-12 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-05-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会