電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-11 11:30
量子計算に対する合理的証明
森前智行京大)・○西村治道名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) It is an open problem whether a classical client can delegate quantum computing to a remote quantum server in such a way that the correctness of quantum computing is somehow guaranteed. Several protocols for verifiable delegated quantum computing have been proposed, but the client is notcompletely free from any quantum technology: the client has to generate or measure single-qubit states. In this paper, we show that the client can be completely classical if the server is rational (i.e., economically motivated). More precisely, we consider the following protocol. The server first sends the client a message allegedly equal to the solution of the problem that the client wants to solve. The client then gives the server a monetary reward whose amount is calculated in classical probabilistic polynomial-time by using the server's message as an input. The reward function is constructed in such a way that the expectation value of the reward (the expectation over the client's probabilistic computing) is maximum when the server's message is the correct solution to the problem. The rational server who wants to maximize his/her profit therefore has to send the correct solution to the client. 
(英) It is an open problem whether a classical client can delegate quantum computing to a remote quantum server in such a way that the correctness of quantum computing is somehow guaranteed. Several protocols for verifiable delegated quantum computing have been proposed, but the client is notcompletely free from any quantum technology: the client has to generate or measure single-qubit states. In this paper, we show that the client can be completely classical if the server is rational (i.e., economically motivated). More precisely, we consider the following protocol. The server first sends the client a message allegedly equal to the solution of the problem that the client wants to solve. The client then gives the server a monetary reward whose amount is calculated in classical probabilistic polynomial-time by using the server's message as an input. The reward function is constructed in such a way that the expectation value of the reward (the expectation over the client's probabilistic computing) is maximum when the server's message is the correct solution to the problem. The rational server who wants to maximize his/her profit therefore has to send the correct solution to the client.
キーワード (和) 量子計算 / 合理的証明 / / / / / /  
(英) quantum computation / rational proof / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 21, COMP2019-5, pp. 67-74, 2019年5月.
資料番号 COMP2019-5 
発行日 2019-05-03 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 COMP IPSJ-AL  
開催期間 2019-05-10 - 2019-05-11 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2019-05-COMP-AL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 量子計算に対する合理的証明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rational proofs for quantum computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子計算 / quantum computation  
キーワード(2)(和/英) 合理的証明 / rational proof  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森前 智行 / Tomoyuki Morimae / モリマエ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 治道 / Harumichi Nishimura / ニシムラ ハルミチ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-11 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2019-5 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.67-74 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2019-05-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会