電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-10 14:25
人工磁性体における斜入射時の反射係数測定
伊藤盛通阪産技研)・山本真一郎畠山賢一兵庫県立大
抄録 (和) 人工材料の一種である人工磁性体において,斜入射時の反射係数を測定した結果を報告する.スプリットリング共振器を対向配置するブロードサイド結合型スプリットリング共振器を2 次元に配列した人工磁性体試料を試作し,TE入射およびTM入射時の反射係数を測定した.単層試料について測定した結果はTE入射,TM入射のどちらにおいても伝送線路理論で予測される変化と概ね一致する傾向が得られ,TM入射時の準ブリュースター角は68°と見積もられた.これにより,本研究にて用いられた人工磁性体試料は均一媒質として扱えることがわかる.また,配列方向を変えた試料を積層させることでインピーダンス整合を改善し,結果として斜入射時の反射係数ピーク値を-20dB以下に抑制できることを確認した. 
(英) This paper reports the reflection coefficient measurement result in the artificial magnetic material under oblique incident waves. The artificial magnetic material samples in which broadside coupled split ring resonators arranged in two dimensions were fabricated. In the unit cell, two split ring resonators were faced each other. The reflection coefficients under TE and TM wave incidences were measured, which results for single-layer sample tended to roughly match to predicted by transmission line theory at both TE and TM wave incidences, and the semi-Brewster's angle under TM wave incidence was estimated to be 68 °. Thereby, it turns out that the artificial magnetic material sample used in this research can be regarded as a uniform medium. In addition, in order to improve impedance matching, another sample in which split ring resonators were arranged different directions was stacked, and it was confirmed that a reflection coefficient under -20 dB can be obtained at a resonance frequency even under oblique incident waves.
キーワード (和) 人工磁性体 / メタマテリアル / ブロードサイド結合スプリットリング共振器 / 斜入射特性 / / / /  
(英) Artificial magnetic materials / metamaterial / broadside coupled split ring resonator / blique incidence characteristics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 20, EMCJ2019-15, pp. 13-18, 2019年5月.
資料番号 EMCJ2019-15 
発行日 2019-05-03 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2019-05-10 - 2019-05-10 
開催地(和) 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんびる) 
開催地(英)  
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2019-05-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人工磁性体における斜入射時の反射係数測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reflection Coefficient Measurement at Oblique Incidence of Artificial Magnetic Materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人工磁性体 / Artificial magnetic materials  
キーワード(2)(和/英) メタマテリアル / metamaterial  
キーワード(3)(和/英) ブロードサイド結合スプリットリング共振器 / broadside coupled split ring resonator  
キーワード(4)(和/英) 斜入射特性 / blique incidence characteristics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 盛通 / Morimichi Itoh / イトウ モリミチ
第1著者 所属(和/英) 大阪産業技術研究所 (略称: 阪産技研)
Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology (略称: ORIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 真一郎 / Shiniciro Yamamoto / ヤマモト シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠山 賢一 / Kenichi Hatakeyama / ハタケヤマ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2019-15 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2019-05-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会