電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-10 15:20
重畳リカレンスプロットを用いたニューロンへの共通入力再構成に関する一検討
野村亮太・○池口 徹東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数の力学系の出力から作成したリカレンスプロットを用いて共通入力を再構成する手法が提案されている.また,この手法を拡張し,入力を受けた神経細胞からの出力スパイク列から計算された発火頻度時系列を用いて,共通入力を再構成する手法も提案されている.本稿では,パラメータの変化によって分岐する神経細胞の数理モデルに対して共通入力を与え,観測された出力スパイク列から計算された発火頻度時系列を用いて,共通入力を再構成する手法を提案している.その際,ニューロンの発火頻度の差異に対する提案手法の特性を解析し,提案手法を用いることで,神経細胞への共通入力の再構成が効率的に可能となることを示す. 
(英) In this paper, we proposed a method for reconstructing common input data to single neurons only from observed spike sequences. First, we prepare a set of neurons which have different parameter values, or bifurcate, and we observe output spike sequences from the bifurcating neurons. Next, the observed spike sequences are transformed to a time series of firing rates, and a recurrence plot of the transformed firing rate time series is constructed. Finally, we applied the method of recovering a source input from which a recurrence plot is constructed. The results show that the proposed scheme works well to reconstruct the common input applied to single neurons.
キーワード (和) 重畳リカレンスプロット / 点過程 / 分岐 / / / / /  
(英) superposed recurrence plot / point process / bifurcation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 19, NLP2019-6, pp. 29-34, 2019年5月.
資料番号 NLP2019-6 
発行日 2019-05-03 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2019-05-10 - 2019-05-11 
開催地(和) J:COM ホルトホール大分 
開催地(英) J:COM HoltoHALL OITA 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重畳リカレンスプロットを用いたニューロンへの共通入力再構成に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reconstructing Common Inputs to Neurons using Superposed Recurrence Plots 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 重畳リカレンスプロット / superposed recurrence plot  
キーワード(2)(和/英) 点過程 / point process  
キーワード(3)(和/英) 分岐 / bifurcation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 亮太 / Ryota Nomura / ノムラ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池口 徹 / Tohru Ikeguchi /
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-10 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-6 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2019-05-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会