お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-09 13:25
ステンシル計算を対象としたメモリアクセスを最適化するラインバッファ自動挿入手法の検討
谷川一哉石崎大智窪田昌史弘中哲夫広島市大RECONF2019-3
抄録 (和) 高位合成ツールはプログラム内に記述されたループを効率的にパイプライン化するために最先端のスケジューリングアルゴリズムを使用している.しかしながら,ループ間のデータ依存関係により,高位合成により生成された回路の実行時間が低下する場合がある.実行時間を低下させるループ間依存において,特に我々はメモリアクセスによる性能低下に着目する.本研究ではメモリアクセスによる性能低下を改善するために,ラインバッファを自動挿入する手法について検討する.本研究の目標は様々なアプリケーションに対して自動的にメモリアクセスを最適化する手法であるが,本稿ではステンシル計算に対してラインバッファを自動挿入する手法を適用する.提案手法の有効性を確認するために,PolyBench 4.2 に含まれる2 次元ヤコビ法と3 次元熱方程式に対して実行時間を測定したところ,提案手法を適用した回路は適用前の回路と比較してそれぞれ2.24 倍,1.30 倍の性能向上を達成した. 
(英)
キーワード (和) ステンシル計算 / ラインバッファ / 自動最適化 / 自動生成 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 18, RECONF2019-3, pp. 11-16, 2019年5月.
資料番号 RECONF2019-3 
発行日 2019-05-02 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード RECONF2019-3

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2019-05-09 - 2019-05-10 
開催地(和) 東工大蔵前会館 
開催地(英) Tokyo Tech Front 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Reconfigurable system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2019-05-RECONF 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) ステンシル計算を対象としたメモリアクセスを最適化するラインバッファ自動挿入手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステンシル計算 /  
キーワード(2)(和/英) ラインバッファ /  
キーワード(3)(和/英) 自動最適化 /  
キーワード(4)(和/英) 自動生成 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 一哉 / / タニガワ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 大智 / / イシザキ ダイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 昌史 / / クボタ アツシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 弘中 哲夫 / / ヒロナカ テツオ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-09 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2019-3 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2019-05-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会