電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-26 13:10
ネットワーク型分子システムによる情報処理
松本卓也阪大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 分子ニューラルネットワークを用いた非ノイマン型情報処理に向けた試みを紹介する。ニューラルネットワークを分子システムで構成するためには、強い非線形応答、ヒステリシス特性、方向性結合、フィードバック機能が必要である。これらの要素機能を分子システムで実現するための基礎的な考え方について述べるとともに、実際の分子ネットワークを用いたデバイス形成の試みについて報告する。 
(英) In recent decades, studies on the electronic properties and functions of single molecules have made significant advances and single molecular transistors have been demonstrated. Such investigations, however have not directly led to actual molecular-scale electronic devices, due to the lack of effective technologies for wiring between molecules. Beyond single molecular transistors, the exploration of device architecture is a central issue in molecular-scale electronics. One of the attractive directions is the realization of neural networks that utilize self-assembled molecular systems. The simplest neuron communication model is represented by a step function that corresponds to neuron firing.
キーワード (和) 分子ネットワーク / 非線形電気特性 / 酸化還元特性 / スパイキングニューロン / 確率共鳴 / キャピラリーパターニング / /  
(英) Molecular network / nonlinear electrical conduction / redox properties / spiking neuron / stochastic resonance / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 15, OME2019-4, pp. 13-17, 2019年4月.
資料番号 OME2019-4 
発行日 2019-04-18 (SDM, OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OME SDM  
開催期間 2019-04-25 - 2019-04-27 
開催地(和) 屋久島環境文化村センター 
開催地(英) Yakushima Environmental and Culture Village Center 
テーマ(和) 有機エレクトロニクス、シリコンデバイス、バイオテクノロジー、新規機能性材料、薄膜(Si,化合物,有機,フレキシブル)機能デバイス、材料・評価技術および一般 
テーマ(英) Organic molecular devices, silicon device, biotechnology, thin film device, novel material, evaluation et al. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2019-04-OME-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク型分子システムによる情報処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Information processing using molecular network system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分子ネットワーク / Molecular network  
キーワード(2)(和/英) 非線形電気特性 / nonlinear electrical conduction  
キーワード(3)(和/英) 酸化還元特性 / redox properties  
キーワード(4)(和/英) スパイキングニューロン / spiking neuron  
キーワード(5)(和/英) 確率共鳴 / stochastic resonance  
キーワード(6)(和/英) キャピラリーパターニング /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 卓也 / Takuya Matsumoto / マツモト タクヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-26 13:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-SDM2019-4,IEICE-OME2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.14(SDM), no.15(OME) 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SDM-2019-04-18,IEICE-OME-2019-04-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会