電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-26 14:35
[招待講演]ネットワークトポロジが情報探索・配送・拡散に与える影響
中村 遼阪口亮太山下量之松井大樹・○大崎博之関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークトポロジとは、通信ネットワークを構成する (通常) 多数のノード (ホ
ストおよびスイッチ / ルータ) と、それらのノード間を接続する多数のリンクの論理
的な構造である。さまざまな通信ネットワーク (例: イーサネット LAN/WAN、TCP/IP
ネットワーク、無線ネットワーク、遅延/分断耐性ネットワーク、情報指向ネットワー
ク) は、ネットワークを構成するノードやリンクの特徴・機能、物理的制約、利用形
態の違いなどにより、それぞれ異なったネットワークトポロジを有している。ネット
ワークトポロジは一種のグラフであり、古くはグラフ理論の分野において、また比較
的新しくはネットワーク科学の分野において理論的・数理的な観点から研究されてき
た。 ただし、通信ネットワークでは、ネットワークトポロジの特性そのもの (例: 規
模、密度、次数分布、直径、連結性、クラスタ性) だけでなく、ネットワークトポロ
ジが通信ネットワークの特性 (例: 性能、品質、効率、可用性、信頼性) に与える影
響も重要である。 本稿では、通信ネットワークのネットワークトポロジが、情報ネッ
トワーク上での情報探索・配送・拡散などの動的プロセスに与える影響を分析した 4
つの研究トピックを紹介する。 
(英) A network topology is the logical structure of a communication network
consisting of a large number of nodes (e.g., hosts and switches/routers) and
links connecting among those nodes. Every communication network (e.g.,
Ethernet-based networks, TCP/IP networks, wireless networks, DTN
(Delay/Disruption-Tolerant Networking), and ICN (Information-Centric
Networking)) has a different network topology, depending on the features and
capabilities of nodes (e.g., the maximum number of ports/interfaces and the
tolerance to a network loop) and links (e.g., unidirectional/bidirectional,
wired/wireless, and the maximum length) as well as several physical
restrictions and usage patterns. Since a network topology is a sort of
graphs, in the literature, it has been actively studied from theoretical and
mathematical viewpoints in the field of graph theory and recently in the
field of network science. In a communication network, not only the
characteristics of the network topology itself (e.g., size, density, degree
distribution, diameter, and connectivity), but the characteristics of
communications performed on it (e.g., speed, quality, efficiency,
availability, and reliability) are also important. This paper introduces
four research topics recently published by our research group, each of which
reveals the impact of the network topology on the characteristics of a
dynamical process such as information search, delivery, and diffusion in a
different context.
キーワード (和) ネットワークトポロジ / 複雑ネットワーク / 動的プロセス / ランダムウォーク / メッセージ配送遅延 / ロバスト性 / 数学的解析 /  
(英) Network Topology / Complex Networks / Dynamic Process / Random Walk / Message Delivery Delay / Robustness / Mathematical Analysis /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 16, PN2019-4, pp. 17-24, 2019年4月.
資料番号 PN2019-4 
発行日 2019-04-19 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2019-04-26 - 2019-04-26 
開催地(和) 電気通信大学 東3号館(総合研究棟)マルチメディアホール301 
開催地(英) The University of Electro-Communication, Build E-3, Hall 301 
テーマ(和) 信号処理、光デバイス、光システム、光ネットワーク、一般 
テーマ(英) Signal Processing, Optical Devices, Optical Systems, Optical Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2019-04-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークトポロジが情報探索・配送・拡散に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Impact of Network Topology on Information Search, Delivery, and Diffusiojn 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークトポロジ / Network Topology  
キーワード(2)(和/英) 複雑ネットワーク / Complex Networks  
キーワード(3)(和/英) 動的プロセス / Dynamic Process  
キーワード(4)(和/英) ランダムウォーク / Random Walk  
キーワード(5)(和/英) メッセージ配送遅延 / Message Delivery Delay  
キーワード(6)(和/英) ロバスト性 / Robustness  
キーワード(7)(和/英) 数学的解析 / Mathematical Analysis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 遼 / Ryo Nakamura / ナカムラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 亮太 / Ryota Sakaguchi / サカグチ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 量之 / Kazuyuki Yamashita / ヤマシタ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 大樹 / Daiki Matsui / マツイ ダイキ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-26 14:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.17-24 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-PN-2019-04-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会