お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-19 15:40
5G時代の分散クラウド環境における負荷分散手法の検討
鈴木克洋サンパト プリヤンカラ水野伸太郎NTTCQ2019-9
抄録 (和) デバイスの発展によりIoT社会が近づいており,様々なデバイスを活用したサービスが登場することが考えられる.IoTでは低遅延でデータ処理を行う必要があるものも多く,ユーザに近いネットワークエッジにリソースを分散配置するEdge Computingが注目されており,5G時代に向け検討を進めてられている.エッジ環境は小規模・分散クラウドという特徴があり,大規模クラウドに比べリソースに限りがあるため,効率的な利用方法の確立が重要となる.本研究では,限られたエッジリソースが分散配置されている環境で最大限のリクエストを要求時間内に処理するために,タスクキューに関する改善と隣接エッジ間での移譲の要否を判定するタスク移譲判定アルゴリズム,リソース使用率と伝搬遅延から移譲先を選定する移譲先選定アルゴリズムを提案する.検証の結果,損失率0.1%以下という条件で提案手法は既存手法に比べて36.1%リソースが少なくても同量のリクエストを処理できることが確認できた. 
(英) With advances of smart devices, internet is gradually becoming to the Internet of Things (IoT). This transformation lead to new style of applications and services which connect humans and inter-connected smart devices. Most of such applications need to process vast amount of locally generated data with low latency, where conventional centralized cloud systems are fail to provide. As a solution, edge computing, where computing resources are placed at the network edge in close proximity to devices, has grown dramatically in recent years. Also in NTT Group, number of researches are developing the edge computing towards 5G mobile communications systems. Edge computing can also be considered as a smaller size distributed cloud which has limited compute resources compared to centralized cloud systems. In order to provide services stably and effectively on such environments, it is important to manage and efficiently utilize those limited resources. In this paper, we propose the task queue improvement, the task transfer judgment algorithm, and the transfer destination selection algorithm that can process the maximum number of requests within the required time in multi access-edge environment. As a result of the verification, it was confirmed that the proposed method improves the loss rate up to about 36.1% compared with the existing method.
キーワード (和) サーバ仮想化 / Multi-access Edge Computing / IoT / FaaS / / / /  
(英) Server virtualization / Multi-access Edge Computing / IoT / FaaS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 7, CQ2019-9, pp. 47-52, 2019年4月.
資料番号 CQ2019-9 
発行日 2019-04-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-9

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 大阪大学理工学 図書館 
開催地(英) Osaka Univ. Library 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G時代の分散クラウド環境における負荷分散手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Load Balancing Algorithm in Distributed Cloud Environment for 5G 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サーバ仮想化 / Server virtualization  
キーワード(2)(和/英) Multi-access Edge Computing / Multi-access Edge Computing  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) FaaS / FaaS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 克洋 / Katsuhiro Suzuki / スズキ カツヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) サンパト プリヤンカラ / Sampath Priyankara / サンパト プリヤンカラ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 伸太郎 / Shintaro Mizuno / ミズノ シンタロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-19 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-9 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会