電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-19 10:00
インスタンス抽象化によるSRv6を用いたService Function Chainingの実現方式の一検討
鋒 幸洋小島久史桑原 健岡崎義勝NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) エンドユーザがネットワーク上のService Functionを組み合わせて利用する,Service Function Chainingが注目されている. WANにおけるService Function Chainingの実現方式として,Service Functionの情報をWANに集約し,エッジルータを通過するパケットにSRv6ヘッダを付与することでトラヒックステアリングをする方式が考えられる.しかし,Service Functionを提供するホストは,VMやコンテナ等の仮想ホストであることが多く,IPアドレス等のルーティングに関わる情報が頻繁に変更されてしまう.これに合わせて,エッジルータで付与するSRv6経路の情報の更新も必要だが,エッジルータの処理能力を上回る量の更新が発生した場合,サービスの安定性が損なわれる恐れがある.
本稿では,Service Functionを提供するホスト群のルーティング情報を抽象化することで,WAN側でSRv6経路を更新せずに安定的なトラヒックステアリングを実現する方式を提案する.さらに,シミュレーションにより提案方式の効果を評価する 
(英) Service Function Chaining (SFC) that enables end-users to utilize various network service function is attracting a lot of attention. Segment Routing (SRv6) is one of promising methods to realize SFC, where packets are steered by adding SRv6 header (SRH) at edge routers. However, we need to update edge router’s SRv6 policies whenever Service Functions are newly deployed or displaced. It is difficult to keep up-to-date SRv6 routes for SFC at edge router because Service Functions implemented as containers or VMs frequently changed.
In this paper, we propose a novel Service Function Chaining mechanism with SRv6 that utilizes the abstracted routing information of Service Function groups. Avoiding effects of the frequent changes, the abstracted routing information enables stable traffic steering in the WAN. We also propose a mechanism to re-convert the abstracted routing information into original routing information. Further, we evaluate the effectiveness of our mechanism.
キーワード (和) セグメントルーティング / クラウドネイティブアーキテクチャ / サービスファンクションチェイニング / / / / /  
(英) Segment Routing / Cloud Native Architecture / Service Function Chaining / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 5, NS2019-11, pp. 61-66, 2019年4月.
資料番号 NS2019-11 
発行日 2019-04-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 天文館ビジョンホール 
開催地(英) Tenmonkan Vision Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,ネットワークインテリジェンス・AI,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource control and management, Traffic engineering, Network reliability and resilience, Network Intelligence and AI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インスタンス抽象化によるSRv6を用いたService Function Chainingの実現方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Service Function Chaining Mechanism with SRv6 using Abstracted Identifiers of Service Function Instances 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セグメントルーティング / Segment Routing  
キーワード(2)(和/英) クラウドネイティブアーキテクチャ / Cloud Native Architecture  
キーワード(3)(和/英) サービスファンクションチェイニング / Service Function Chaining  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鋒 幸洋 / Yukihiro Togari / トガリ ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 久史 / Hisashi Kojima / コジマ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 健 / Takeshi Kuwahara / クワハラ タケシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 義勝 / Yoshikatsu Okazaki /
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-19 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-11 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会