電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-19 09:30
A Study on Low Complexity Fair User Scheduling Employing Spatial Orthogonality for MU-MIMO Systems
Ei Nandar MaungYukiko ShimboHirofumi SuganumaFumiaki MaeharaWaseda Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) This report proposes a low complexity fair user scheduling method employing semiorthogonal user selection (SUS) for multi-user multiple-input multi-output (MU-MIMO) systems. The intent of the proposed approach is to consider the spatial orthogonality of users into fair user scheduling of the MU-MIMO system, which enhances the system capacity when compared to the traditional round robin (RR) based user scheduling. In the proposed method, the spatial orthogonality is calculated based on SUS which only requires the calculation of inner products among the channel state information (CSI). Therefore, both the improvement of the system capacity and fairness can be achieved with a reduced computational load. Moreover, in contrast to proportional fairness (PF), the proposed user scheduling does not require the heavy calculation of all possible user combinations as is required in MU-MIMO precoding, which is an effective and practical approach. The effectiveness of the proposed method is demonstrated and compared with RR and PF in terms of fairness and computational load. 
(英) This report proposes a low complexity fair user scheduling method employing semiorthogonal user selection (SUS) for multi-user multiple-input multi-output (MU-MIMO) systems. The intent of the proposed approach is to consider the spatial orthogonality of users into fair user scheduling of the MU-MIMO system, which enhances the system capacity when compared to the traditional round robin (RR) based user scheduling. In the proposed method, the spatial orthogonality is calculated based on SUS which only requires the calculation of inner products among the channel state information (CSI). Therefore, both the improvement of the system capacity and fairness can be achieved with a reduced computational load. Moreover, in contrast to proportional fairness (PF), the proposed user scheduling does not require the heavy calculation of all possible user combinations as is required in MU-MIMO precoding, which is an effective and practical approach. The effectiveness of the proposed method is demonstrated and compared with RR and PF in terms of fairness and computational load.
キーワード (和) MU-MIMO / round robin / semiorthogonal user selection / 計算コスト / システム容量 / fairness index / /  
(英) MU-MIMO / round robin / semiorthogonal user selection / computational cost / system capacity / fairness index / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 8, RCS2019-13, pp. 55-59, 2019年4月.
資料番号 RCS2019-13 
発行日 2019-04-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 登別グランドホテル 
開催地(英) Noboribetsu Grand Hotel 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Radio Access Technologies, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-04-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Low Complexity Fair User Scheduling Employing Spatial Orthogonality for MU-MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MU-MIMO / MU-MIMO  
キーワード(2)(和/英) round robin / round robin  
キーワード(3)(和/英) semiorthogonal user selection / semiorthogonal user selection  
キーワード(4)(和/英) 計算コスト / computational cost  
キーワード(5)(和/英) システム容量 / system capacity  
キーワード(6)(和/英) fairness index / fairness index  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) イィ ナンダー マウン / Ei Nandar Maung / イィ ナンダー マウン
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新保 薫子 / Yukiko Shimbo / シンボ ユキコ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 碩文 / Hirofumi Suganuma / スガヌマ ヒロフミ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-19 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-13 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.55-59 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会