お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-19 10:25
高い耐故障性を備えた情報通信網構築のための動的ネットワークスライス設計法
宮地篤士浦山康洋高知高専NS2019-12
抄録 (和) 2020年の商用化が予定されている5Gでは,VR技術を用いた動画配信や自動車の自動運転システムなど,様々なサービスの運用が期待されている.これらのサービスを効率良く提供するための技術の一つとして,ネットワークスライシングが注目を集めている.一方,近年,大規模な自然災害による通信の遮断が頻繁に発生しており,安定したサービス提供を実現するためにはネットワークスライスの耐故障性を考慮することが重要である.本稿では,高い耐故障性を備えたネットワークスライスの構築を可能にする動的トポロジ設計法を提案する.提案方式では,ネットワークスライスのトポロジ設計を二つの組み合わせ最適化問題として定式化し,焼きなまし法を用いて解を導出する.本稿では提案方式の性能をシミュレーションで評価する.数値例から,提案法は物理網の資源を効率的に使用し,耐故障性の高いネットワークスライスをより多く構築できることを示す. 
(英) Since 2020, several kinds of services with the 5G, such as video streaming with VR(Virtual Reality) and auto driving system will be started. As one of the technologies for providing those services effectively, the network slicing has recently been expected. On the other hand, the number of natural disaster increases in recent years, and communication network is downed frequently due to the natural disasters. Therefore, it is important to consider how network slice with high resistance is constructed. In this paper, we propose dynamic topology design for constructing network slices with high fault resistance. The proposed method formulates the topology design as two optimization problems and solves the proposed method with simulation. From some numerical examples, we show that the proposed method can construct a lot of network slices with high fault resistance by utilizing network resources effectively.
キーワード (和) ネットワークスライシング / Software Defined Network / 耐故障性 / トポロジ設計 / 組み合わせ最適化問題 / / /  
(英) Network Slicing / Software Defined Network / Fault Resistance / Topology Design / Optimization Problem / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 5, NS2019-12, pp. 67-72, 2019年4月.
資料番号 NS2019-12 
発行日 2019-04-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-12

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 天文館ビジョンホール 
開催地(英) Tenmonkan Vision Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,ネットワークインテリジェンス・AI,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource control and management, Traffic engineering, Network reliability and resilience, Network Intelligence and AI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高い耐故障性を備えた情報通信網構築のための動的ネットワークスライス設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Network Slicing for Constructing Communication Network with High Fault Resistance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークスライシング / Network Slicing  
キーワード(2)(和/英) Software Defined Network / Software Defined Network  
キーワード(3)(和/英) 耐故障性 / Fault Resistance  
キーワード(4)(和/英) トポロジ設計 / Topology Design  
キーワード(5)(和/英) 組み合わせ最適化問題 / Optimization Problem  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 篤士 / Atsushi Miyaji / ミヤジ アツシ
第1著者 所属(和/英) 高知工業高等専門学校 (略称: 高知高専)
National Institute of Technology, Kochi College (略称: National Institute of Technology, Kochi College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦山 康洋 / Yasuhiro Urayama / ウラヤマ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 高知工業高等専門学校 (略称: 高知高専)
National Institute of Technology, Kochi College (略称: National Institute of Technology, Kochi College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-19 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-12 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会