電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-18 14:35
Revealing Benefits of Quality-based Routing
Aomi JokojiUVic)・Takuto KimuraArifumi MatsumotoJun OkamotoNTTCQ2019-4
抄録 (和) Current Internet backbone routing is topology-based, which selects routes with the shortest AS-path length. Therefore, current routing methods may not be best in terms of communication quality. In this paper, we investigate whether quality-based routing improves communication quality. To reveal benefits of quality-based routing, we have developed a system measuring route quality on our multihomed AS. Utilizing our system, we measured RTT to 10,000 destinations across the internet using all available routes. Analysis shows 40% of destinations could improve their average RTT if the quality-based route was chosen. Route quality is found to depend on individual destination rather than overall time-based trends. 
(英) Current Internet backbone routing is topology-based, which selects routes with the shortest AS-path length. Therefore, current routing methods may not be best in terms of communication quality. In this paper, we investigate whether quality-based routing improves communication quality. To reveal benefits of quality-based routing, we have developed a system measuring route quality on our multihomed AS. Utilizing our system, we measured RTT to 10,000 destinations across the internet using all available routes. Analysis shows 40% of destinations could improve their average RTT if the quality-based route was chosen. Route quality is found to depend on individual destination rather than overall time-based trends.
キーワード (和) routing protocols / internet edge routing / border gateway protocol / quality of service / / / /  
(英) routing protocols / internet edge routing / border gateway protocol / quality of service / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 7, CQ2019-4, pp. 19-24, 2019年4月.
資料番号 CQ2019-4 
発行日 2019-04-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-4

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 大阪大学理工学 図書館 
開催地(英) Osaka Univ. Library 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-04-CS-CQ 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Revealing Benefits of Quality-based Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) routing protocols / routing protocols  
キーワード(2)(和/英) internet edge routing / internet edge routing  
キーワード(3)(和/英) border gateway protocol / border gateway protocol  
キーワード(4)(和/英) quality of service / quality of service  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Aomi Jokoji / Aomi Jokoji /
第1著者 所属(和/英) University of Victoria (略称: UVic)
University of Victoria (略称: UVic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Takuto Kimura / Takuto Kimura /
第2著者 所属(和/英) Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Arifumi Matsumoto / Arifumi Matsumoto /
第3著者 所属(和/英) Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Jun Okamoto / Jun Okamoto /
第4著者 所属(和/英) Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-18 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会