電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-18 09:30
無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)におけるマルチ無線インターフェス動的制御法
中平俊朗村上友規アベセカラ ヒランタ石原浩一林 崇文鷹取泰司NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線トラヒックの増加が続いており,限られた周波数帯域を効率的に利用するため,無線リソースの拡大が重要となる.本研究では,無線リソース拡大のためのアプローチとして,通信セルの高密度化を検討する.次世代無線LANであるIEEE 802.11axでは,CSMA/CA (carrier sense multiple access with collision avoidance)のキャリア検出レベルを柔軟に調整することで高密度セル環境での同時伝送を可能としているが,レガシー規格の混在や通信品質の低下など,通信環境によってその効果を十分得られない場合がある.本稿では,少ない制御コストで動的な無線リソース制御を行うため,筆者らが検討を進める無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ (WiSMA: Strategy Management Architecture for Wireless resource optimization)を活用した,基地局が持つ複数の無線インタフェースの動的制御法を2つ提案する.その上で,それらの課題が混在した環境における各提案法の効果を計算機シミュレーションにより示し,通信環境に応じて提案法を適用することで,その効果を引き出せることを明らかにする. 
(英) While radio traffic continues to increase, available frequency bands are limited. It is important to increase radio resources in order to use limited bands efficiently. In this research, we consider high density cells allocation as an approach to increase wireless resources. The next-generation wireless LAN, IEEE 802.11ax realizes simultaneous transmission between cells by flexibly adjusting the carrier detection level of CSMA/CA (carrier sense multiple access with collision avoidance). On the other hand, the effect of simultaneous transmission may be decreased depending on some problems such as mixed standards environments or communication quality decreased. In this paper, we propose two novel multi radio interface control schemes by using Strategy management architecture for wireless resource optimization (WiSMA) which have been examined to realize dynamic wireless resource control with low control cost. We show the effect of each proposed scheme in the environment where the problems are mixed by computer simulation, and clarify that the effect can be derived by applying the proposed schemes according to the communication environment.
キーワード (和) 無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA) / マルチ無線インタフェース / spatial reuse / IEEE 802.11ax / / / /  
(英) Strategy management architecture for wireless resource optimization (WiSMA) / multi radio interface / spatial reuse / IEEE 802.11ax / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 8, RCS2019-1, pp. 1-6, 2019年4月.
資料番号 RCS2019-1 
発行日 2019-04-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 登別グランドホテル 
開催地(英) Noboribetsu Grand Hotel 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Radio Access Technologies, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)におけるマルチ無線インターフェス動的制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Control Method for Multi Radio Interface with Strategy Management Architecture for Wireless Resource Optimization (WiSMA) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA) / Strategy management architecture for wireless resource optimization (WiSMA)  
キーワード(2)(和/英) マルチ無線インタフェース / multi radio interface  
キーワード(3)(和/英) spatial reuse / spatial reuse  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.11ax / IEEE 802.11ax  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中平 俊朗 / Toshiro Nakahira / ナカヒラ トシロウ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 友規 / Tomoki Murakami / ムラカミ トモキ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / Hirantha Abeysekera / アベセカラ ヒランタ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 浩一 / Koichi Ishihara / イシハラ コウイチ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 崇文 / Takafumi Hayashi / ハヤシ タカフミ
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第6著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-18 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会