電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-18 14:40
[依頼講演]セルラ網の通信品質を考慮した自動運転車向け遠隔制御技術
眞下大輔柚木祥慈日立
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,自動車の自動運転技術は急激に進展している.自動運転における重要な課題の1つは,工事現場や緊急車両等,想定外の状況の遭遇により引き起こされる自動運転解除である.ドライバ不在時の自動運転解除は,自車両の立往生を引き起こし,他車両の通行の妨げになる.ドライバ不在時の自動運転解除から早急に復帰させる手段として,遠隔制御技術が提案されている.セルラ網は広域に使用可能なため遠隔制御用途に有望である一方,通信品質が不安定という課題がある.本報告では,自動運転が解除されたエリアの通信品質に応じて,2つの遠隔制御向け技術を提案する.マルチルート通信技術は,通信品質が高いエリアで自動運転が解除された場合に適用され,複数の異なるキャリアのセルラ網を集約し,仮想的に1つの高信頼なセルラ網として遠隔運転システムに提供する.遠隔運転システムでは,車は周辺の高レートなストリーミング映像を遠隔センタに送信し,遠隔センタは遠隔オペレータが入力した制御信号を車に送信することで走行を行う.遠隔走行支援技術は,通信品質が低いエリアで自動運転が解除された場合に適用され,車は低レートな映像を遠隔センタに送信し,センタはオペレータにより入力される走行経路情報を車に送信する.車は遠隔センタから受信した走行経路情報に基づいて走行を行う.本方式では,車,センタ間で送受信されるデータ量が小さいため,通信品質が低いエリアにおいても遠隔制御を行うことが可能になる.提案方式のプロトタイプを用いて実施した性能評価結果を報告する. 
(英) Autonomous driving technologies have dramatically progressed these years. One of the challenges to autonomous driving is disengagement caused by unexpected situations such as occurrences of construction sites, passing of emergency vehicles. In case of disengagements, autonomous vehicles with no driver stall and prevent passage of the other vehicles. Remote control techniques are proposed to resolve stall of autonomous vehicle because of disengagement and can make recovery time of a disengaged autonomous vehicle shorter than the other approaches such as roadside assistance service. Cellular networks are suitable for remote control because of their wide coverage compared with other networks. But they also have disadvantage of unstability of communication quality. In this report, we propose two schemes for remote control of autonomous driving vehicles based on the communication quality of the area where disengagement occurs. Multi-route communication scheme is applied when disengagement occurs in the area where communication quality is high. It aggregates plural carrier’s cellular networks and virtually offer a highly reliable cellular network to the remote driving system where a vehicle sends real time streaming video around it to the remote center and the remote center sends control commands which is input by the operator to the vehicle through the cellular networks. Remote driving support scheme is applied when disengagement occurs in the area where the communication quality is low. In the scheme, a vehicle sends low rate video to the remote center, the remote center sends the path information which is input by the remote operator. The vehicle autonomously drives based on the path information. As the amount of data transmitted between the vehicle and the remote center is small, the remote control can be done in the area where cellular communication quality is low. We prototyped the remote control system which was implemented the proposed schemes, and evaluated the effectiveness of the proposed scheme.
キーワード (和) 遠隔運転 / 遠隔制御 / セルラ網 / 自動運転 / / / /  
(英) Remote Driving / Remote Control / Cellular Network / Autonomous Driving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 8, RCS2019-9, pp. 43-43, 2019年4月.
資料番号 RCS2019-9 
発行日 2019-04-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 登別グランドホテル 
開催地(英) Noboribetsu Grand Hotel 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Radio Access Technologies, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セルラ網の通信品質を考慮した自動運転車向け遠隔制御技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Remote Control Techniques for Autonomous Vehicles considering Cellular Network Communication Quality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔運転 / Remote Driving  
キーワード(2)(和/英) 遠隔制御 / Remote Control  
キーワード(3)(和/英) セルラ網 / Cellular Network  
キーワード(4)(和/英) 自動運転 / Autonomous Driving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞下 大輔 / Daisuke Mashimo / マシモ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柚木 祥慈 / Shoji Yunoki / ユノキ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-18 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-9 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 p.43 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会