お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-18 14:10
[依頼講演]突発的障害物回避のための車々間通信による協調型車線変更制御
石原 進山下広仁静岡大RCS2019-8
抄録 (和) 車々間通信を用いると,積載物の落下等によって突発的に路上障害物が発生したとしても,車両間の協調動作によって,障害物のある車線上の車両のみならず,車線変更受け入れ側の車両に対して適切な制御をさせることで渋滞を引き起こす事なく円滑な車線変更が可能になると考えられる.本稿では車々間通信機能をもつ自動運転車両及び運転支援装置搭載車両を想定し,障害物までの距離に応じた簡単な制御則の適用によって,車線間の公平性を維持しつつ通過交通量を向上可能であることをSUMOによるシミュレーションにより示す.また,車線変更の受け入れ側車線での積極的な車間距離制御を用いた改良方法を提案する. 
(英) Vehicle-to-Vehicle communication can be used for enabling smooth lane changes by cooperation of vehicles even if suddenly an obstacle such as a dropped payload appears without causing congestion. We conducted simulations using SUMO urban traffic simulator and present that V2V-communication enabled autonomous vehicles or vehicles with driving assistance function can improve the total traffic with keeping the fairness between the closed lane and the opened lane by using a simple control rule based on the distance between each vehicle and the obstacle. We also propose an improved method in which vehicles on an opened lane aggressively control inter-vehicular distance for controlling the number of vehicles which change lane.
キーワード (和) 車々間通信 / 協調車両制御 / 車線変更 / 合流制御 / 障害物回避 / SUMO / /  
(英) vehicle-to-vehicle communication / cooperative vehicle control / lane change / coordinated merge control / obstacle avoidance / SUMO / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 8, RCS2019-8, pp. 37-41, 2019年4月.
資料番号 RCS2019-8 
発行日 2019-04-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-8

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 登別グランドホテル 
開催地(英) Noboribetsu Grand Hotel 
テーマ(和) 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
テーマ(英) Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Radio Access Technologies, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-04-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 突発的障害物回避のための車々間通信による協調型車線変更制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) V2V communication-based cooperative lane change control for avoiding sudden obstacles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車々間通信 / vehicle-to-vehicle communication  
キーワード(2)(和/英) 協調車両制御 / cooperative vehicle control  
キーワード(3)(和/英) 車線変更 / lane change  
キーワード(4)(和/英) 合流制御 / coordinated merge control  
キーワード(5)(和/英) 障害物回避 / obstacle avoidance  
キーワード(6)(和/英) SUMO / SUMO  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 進 / Susumu Ishihara / イシハラ ススム
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 広仁 / Hirohito Yamashita / ヤマシタ ヒロヒト
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-18 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-8 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会