電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-18 13:20
MPEG-DASHにおけるQoEを考慮したビットレート変動抑制手法
阪本竜太菖蒲谷鷹広堀地亮佑久保亮吾慶大CQ2019-1
抄録 (和) 近年,スマートフォン等の普及に伴い,映像ストリーミング等の映像配信サービスが多くの人々に利用されている.その映像ストリーミング法としてユーザの体感品質QoE(Quality of Experience)を向上させるために,MPEG-DASH(MPEG-Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)が広く採用されている.MPEG-DASHでは,複数のビットレートで符号化した一定時間分の映像データを分割したものから,ユーザの視聴環境に応じて適切なビットレートのものを逐次選択しダウンロードを行い,順次再生する.そのため,極力映像が途切れることなく再生することが可能である.このMPEG-DASHを用いたストリーミング法の一つに,ユーザのプレイバックバッファを一定に保つようにビットレートを選択するものがあるが,その方法では選択するビットレートを逐次更新するためユーザのQoE減少の懸念が生じる.そこで本稿ではMPEG-DASHを用いた映像ストリーミングにおいて,ユーザのQoEに大きく影響する要素の一つであるビットレート変動を最小限に抑えることでQoE向上を図る,適応映像ストリーミング法を提案する.この方法では,ビットレートの変動を抑えるためにプレイバックバッファが上限,下限付近でない場合に選択するビットレートを固定する.シミュレーションにより提案法が従来法に比べ,QoEを向上させることを確認する. 
(英) In recent years, along with popularization of smartphones and the like, video distribution services such as video streaming are being used by many people. MPEG-DASH (MPEG-Dynamic Adaptive Streaming over HTTP) is widely adopted in order to improve user's quality of experience QoE (Quality of Experience) as the video streaming method. MPEG-DASH sequentially selects video data of an appropriate bit rate in accordance with the viewing environment of the user from downloaded video data of a fixed time encoded at a plurality of bit rates, downloads them, and sequentially reproduces them. Therefore, it is possible to reproduce the image as much as possible without interrupting it. One streaming method using this MPEG-DASH is to select a bit rate so as to keep the user's playback buffer constant, but in this method, since the bit rate to be selected is updated sequentially, the user's QoE There is a concern of reduction. Therefore, in this paper, we propose an adaptive video streaming method to improve QoE by minimizing the bit rate variation, which is one of the factors greatly affecting user's QoE, in video streaming using MPEG - DASH. In this method, in order to suppress the fluctuation of the bit rate, the bit rate to be selected is fixed when the playback buffer is not near the upper limit and the lower limit. Simulation confirms that the proposed method improves QoE compared with the conventional method.
キーワード (和) MPEG-DASH / QoE / ビットレート適応 / フィードバック制御 / / / /  
(英) MPEG-DASH / QoE / Rate Adaptation / Feedback Control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 7, CQ2019-1, pp. 1-6, 2019年4月.
資料番号 CQ2019-1 
発行日 2019-04-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-1

研究会情報
研究会 CS CQ  
開催期間 2019-04-18 - 2019-04-19 
開催地(和) 大阪大学理工学 図書館 
開催地(英) Osaka Univ. Library 
テーマ(和) 光/無線アクセスとそれらの融合,QoSとQoE,通信品質の評価・計測・制御・最適化,ネットワークサービス,一般 
テーマ(英) Optical/Wireless Access and Their Integration, QoS and QoE, Assessment / Measurement / Control / Optimization of Communication Quality, Network Services, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-04-CS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MPEG-DASHにおけるQoEを考慮したビットレート変動抑制手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE-Aware Mitigation of Bitrate Fluctuation in MPEG-DASH 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPEG-DASH / MPEG-DASH  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) ビットレート適応 / Rate Adaptation  
キーワード(4)(和/英) フィードバック制御 / Feedback Control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪本 竜太 / Ryuta Sakamoto / サカモト リュウタ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菖蒲谷 鷹広 / Takahiro Shobudani / ショウブダニ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀地 亮佑 / Ryosuke Hotchi / ホッチ リョウスケ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 亮吾 / Ryogo Kubo / クボ リョウゴ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-18 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-04-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会