電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-16 11:05
2受信局と3衛星間のTDOAを用いた未知干渉局の非同期追尾
網嶋 武鈴木信弘三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 衛星通信に生じる移動体アップリンク干渉源を測位する場合,3衛星間の到来時間差(TDOA: Time Difference of Arrival)を用いた測位を行う.一方,地上では,受信局数が2局しかないため,衛星へのアンテナ指向を切り替えてTDOAを非同期する.この非同期計測TDOAに対し,従来の同期計測を仮定した追尾方式を適用すると,切り替えに要する時間に移動体が移動する影響により,追尾誤差が生じる.更に,従来方式では,2つのTDOAの内,一方が欠落した場合,正しく計測できた他方も使用できなくなり,計測値が欠損する.本稿では,非同期追尾方式を提案する.本提案方式は,本提案方式は,切り替えに要する時間の移動を考慮し,また,2つのTDOAの内,一方が欠落しても,他方を有効に追尾処理できるメリットがある.更に,シミュレーションにより,提案方式の優位性を示す. 
(英) This paper considers asynchronous TDOA geolocation of an unknown moving emitter using three geostationary satellites. The problem arises when there are asynchronous TDOA measurements are available. In this case, the conventional method, which assumes synchronous TDOA measurements, causes large geolocation errors. In this paper, we propose a tracking filter, which process the asynchronous TDOA measurements, and show the superiority over the conventional under asynchronous and incomplete measurements.
キーワード (和) 測位 / 追尾 / TDOA / 非同期 / 静止衛星 / 干渉 / /  
(英) Geolocation / Tracking / TDOA / Asynchronous / / Geostationary satellite / Interference /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 4, SANE2019-5, pp. 21-26, 2019年4月.
資料番号 SANE2019-5 
発行日 2019-04-09 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-04-16 - 2019-04-16 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) Defense Academy; Defense Training Institute 
テーマ(和) レーダ, EW技術及び一般 
テーマ(英) Radar, EW and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-04-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2受信局と3衛星間のTDOAを用いた未知干渉局の非同期追尾 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Asynchronous tracking of unknown emitters using TDOA of three geostationary satellites and two ground stations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 測位 / Geolocation  
キーワード(2)(和/英) 追尾 / Tracking  
キーワード(3)(和/英) TDOA / TDOA  
キーワード(4)(和/英) 非同期 / Asynchronous  
キーワード(5)(和/英) 静止衛星 /  
キーワード(6)(和/英) 干渉 / Geostationary satellite  
キーワード(7)(和/英) / Interference  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 網嶋 武 / Takeshi Amishima / アミシマ タケシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 信弘 / Nobuhiro Suzuki / スズキ ノブヒロ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-04-16 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-5 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2019-04-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会