電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-18 15:15
従属接続詞による英語因由表現の諸相
佐良木 昌明大)・宮澤織枝ケント大TL2018-62
抄録 (和) 英語の因果表現、就中because, since, asなど従属接続詞を用いた表現についての調査研究について報告する。これら個別の接続詞、それらの間における細やかな意味の相違があるとすれば、その用法上の特質と相まっていかなる表現様相を示すのかについて若干ではあるが、イギリス英語について検討する。 
(英) This paper reports on the small scale research into English causal expressions and more particularly into semantic roles of subordinators in reason clauses. The results of the research show that the subordinator “as” is frequently observed in the register of in-house documents as well as “because” and “since” whereas “as” is infrequently observed in the register of newspaper in contrast with heavily used “because”.
キーワード (和) 英語の因由表現 / 従属接続詞 / / / / / /  
(英) subordinators in reason clauses / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 516, TL2018-62, pp. 65-70, 2019年3月.
資料番号 TL2018-62 
発行日 2019-03-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2018-62

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-03-18 - 2019-03-18 
開催地(和) 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 
開催地(英) Waseda University 
テーマ(和) テーマ(1):言語と学習・言語の学習 テーマ(2):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション テーマ(3):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション 
テーマ(英) Theme 1 : Language and Learning, Learning Language, Theme 2: Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3: Interpretation, Translation, Theory of linguistic relativity and hospitality communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 従属接続詞による英語因由表現の諸相 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Aspects of English Causal Expressions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 英語の因由表現 / subordinators in reason clauses  
キーワード(2)(和/英) 従属接続詞 /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐良木 昌 / Masashi Saraki / サラキ マサシ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 織枝 / Orie Miyazawa / ミヤザワ オリエ
第2著者 所属(和/英) ケント大学 (略称: ケント大)
University of Kent (略称: U. K.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-18 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2018-62 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.516 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2019-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会