電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-18 16:20
生体信号を用いた運転者の感情推定技術の検討
庄司有佑伊藤 篤羽多野裕之宇都宮大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年, 自動ブレーキや追突防止用の車両検知といった様々な運転支援システムが開発されている.運転支援システムの中でも, 音声から感情を認識したり, ドライバーの表情をカメラで撮影し運転中の居眠りを検知したりする技術など, ドライバーの状態を感知するシステムが多く開発されている. しかし, 利用者の感情を生体信号から推定する技術は十分に検討されていない. そこで, 新たな運転支援システムとして,車の利用者の感情を生体信号から推定し, それに応じて車内環境を適切に変化させる, という機能の開発を目指す. 本稿では, 研究の第一段階として,生体信号から感情を推定する技術の検討を行う. 
(英) In recent years, various driving support systems such as automatic braking and vehicle detection for preventing rear-end collision have been developed. In driving support systems, it is also possible to recognize feelings from emotion, photograph the expression of the driver with a camera, there are many systems developed to sense the state of the driver, such as technology to detect driver's condition, such as technology to estimate the user's emotions from biological signals. Therefore, as a new driving support system, we aim to develop the function that estimates the emotion of the user of the car from the biological signal and appropriately changes the in-car environment accordingly. In this paper, as the first step of the research, a technique to estimate the emotion from the biological signal Will be examined.
キーワード (和) 運転支援システム / 感情認識 / 生体信号 / / / / /  
(英) Driving support system / Emotion recognition / Biological signal / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 516, TL2018-64, pp. 77-81, 2019年3月.
資料番号 TL2018-64 
発行日 2019-03-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-03-18 - 2019-03-18 
開催地(和) 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 
開催地(英) Waseda University 
テーマ(和) テーマ(1):言語と学習・言語の学習 テーマ(2):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション テーマ(3):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション 
テーマ(英) Theme 1 : Language and Learning, Learning Language, Theme 2: Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3: Interpretation, Translation, Theory of linguistic relativity and hospitality communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生体信号を用いた運転者の感情推定技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Emotion Estimation Technique of Driver Using Biomedical Signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運転支援システム / Driving support system  
キーワード(2)(和/英) 感情認識 / Emotion recognition  
キーワード(3)(和/英) 生体信号 / Biological signal  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 有佑 / Yusuke Shoji / ショウジ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-18 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2018-64 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.516 
ページ範囲 pp.77-81 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2019-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会