電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-18 14:00
対話入力文に基く事実と論理の学習を実現する階層構造意味空間モデルの提案
高田明典フェリス女学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,自然言語による質問応答システムの構築手法としてのH3SM(Hierarchical Structured Semantic Space Model:階層構造意味空間モデル)を提案する.ルールベースの自然言語処理においては,「〜と言った」「〜と思う」「〜と信じている」というような形式を持つ文を,どのようにメタ形式に変換しうるのかという問題が存在する.本研究においては,それらの問題の解決のために,階層構造を有する対話者ごとの意味空間を生成し,それぞれの下位意味空間に一時置かれる「事実」「論理」などを示すメタ形式のデータを適宜変換して上位意味空間に持ち込むというモデル(H3SM)が有効であると考えた.試験的に実装されたシステムでの処理例を検討しつつ,提案手法の有効性および問題点について議論する. 
(英) In this article I propose "Hierarchical Structured Semantic Space Model (H3SM)" as a method to construct natural language based question-answering system. In rule-based NLP, there exist some problems in transforming sentences like "I think that ..." or "He believes that ..." into meta-form. In this model, semantic spaces having hierarchical structure are constructed, and meta-form data in lower semantic space such as "fact" or "logic" are appropriately transformed and brought up into upper semantic space. Further problems are discussed along with processing examples of implemented system.
キーワード (和) 自然言語処理 / 質問応答システム / 意味空間 / 階層構造 / チャンネル理論 / / /  
(英) natural language processing / question-answering system / semantic space / hierarchical structure / channel theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 516, TL2018-59, pp. 47-52, 2019年3月.
資料番号 TL2018-59 
発行日 2019-03-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-03-18 - 2019-03-18 
開催地(和) 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 
開催地(英) Waseda University 
テーマ(和) テーマ(1):言語と学習・言語の学習 テーマ(2):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション テーマ(3):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション 
テーマ(英) Theme 1 : Language and Learning, Learning Language, Theme 2: Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3: Interpretation, Translation, Theory of linguistic relativity and hospitality communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対話入力文に基く事実と論理の学習を実現する階層構造意味空間モデルの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Hierarchical Structured Semantic Space Model for Implementation of Learning of Logic and Facts by Input Sentences. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自然言語処理 / natural language processing  
キーワード(2)(和/英) 質問応答システム / question-answering system  
キーワード(3)(和/英) 意味空間 / semantic space  
キーワード(4)(和/英) 階層構造 / hierarchical structure  
キーワード(5)(和/英) チャンネル理論 / channel theory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 明典 / Akinori Takada /
第1著者 所属(和/英) フェリス女学院大学 (略称: フェリス女学院大)
Ferris University (略称: Ferris Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-18 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2018-59 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.516 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2019-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会