お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-18 11:45
ウェアラブルデバイスを用いたリアルタイム行動認識に関する研究 ~ 手指動作センシングによるジェスチャ認識 ~
中田 慶伊藤 篤羽多野裕之宇都宮大TL2018-55
抄録 (和) 近年のIoTの発展により, “スマートホーム”に代表されるような, 身の回りの様々なモノがネットワークに接続される時代が到来すると予測される. リモコンが複数になった時, 新しいUIが必要となる. そのひとつの可能性がジェスチャである.しかしながら, ジェスチャUIは, コマンドとなるジェスチャ動作が使いやすいだけではなく, 周囲の人々にとって自然に受け入れられるものでなければならない. そこで本研究では, わが国の文化的背景から生まれた“空書”を考慮したジェスチャコマンドと, ニューラルネットワークを用いた機械学習によるジェスチャ認識手法を提案する. 
(英) According to the spread IoT, various devices are connected to the network and exist around our life space. In order to use such devices, it is necessary to operate a plurality of devices in the environment, and a new UI for intuitive operation is required. A UI using a gesture enables intuitive operation and realizes operation with less restriction by hardware should be proposed. The real-time recognition is important for the real use of gesture for UI. In this paper, we propose a new method to realize real-time recognition of gesture from acceleration and gyro using machine learning. Then, we firstly prepare a gesture based on Japanese traditional “Soragaki” that is a gesture to write characters in the air by finger. We designed gestures aiming to be accepted by society.
キーワード (和) ユーザインタフェース / ジェスチャ認識 / 機械学習 / / / / /  
(英) User Interface / Gesture Recognition / Machine Learning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 516, TL2018-55, pp. 27-31, 2019年3月.
資料番号 TL2018-55 
発行日 2019-03-11 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2018-55

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-03-18 - 2019-03-18 
開催地(和) 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 
開催地(英) Waseda University 
テーマ(和) テーマ(1):言語と学習・言語の学習 テーマ(2):意味の創発・場の共創・創発とイノベーション テーマ(3):通訳・翻訳・言語相対性仮説とホスピタリティーコミュニケーション 
テーマ(英) Theme 1 : Language and Learning, Learning Language, Theme 2: Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3: Interpretation, Translation, Theory of linguistic relativity and hospitality communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-03-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェアラブルデバイスを用いたリアルタイム行動認識に関する研究 
サブタイトル(和) 手指動作センシングによるジェスチャ認識 
タイトル(英) Study of Real-Time Human Behavior Recognition Using Wearable Device 
サブタイトル(英) Gesture Recognition by Finger Motion Sensing 
キーワード(1)(和/英) ユーザインタフェース / User Interface  
キーワード(2)(和/英) ジェスチャ認識 / Gesture Recognition  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 慶 / Kei Nakada / ナカダ ケイ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-18 11:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2018-55 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.516 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2019-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会