お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-17 15:50
IPC制御を用いたSMTプロセッサ向けRT-VFS手法
鈴木宏海井出陽介塚原悠太山﨑信行慶大CPSY2018-106 DC2018-88
抄録 (和) 組込みリアルタイムシステムはリアルタイム性の維持のみならず,消費電力を削減することが要求されている.本研究ではSimultanus Multithreaded (SMT)プロセッサにおいて個々のスレッドの実行速度を制御できるInstructions Per Clock cycle (IPC)制御機構を用いて論理プロセッサに割当てられたタスクのIPCを考慮して論理プロセッサの実行速度を制御することで利用率を均一化し,スケジューラビリティの維持と効率的なReal-Time Static Voltage and Frequency Scaling (RT-SVFS)を行う手法を提案する.また,IPC制御により論理プロセッサの実行速度を動的に変化させることでタスクの実行時間を保ったまま動作周波数を低下させて消費電力を削減するReal-Time Dynamic Voltage and Frequency (RT-DVFS)手法を提案する.シミュレーションによる評価の結果,提案手法は既存手法と比べてより高いスケジューラビリティと消費電力の削減が可能であることを示した. 
(英) In the field of Real-Time embedded systems, both of high-performance and low-power consumption are required. In this paper, we propose an algorithm to make utilization of logical processors even in order to improve schedulability and achieve efficient Real-Time Static Volatage and Frequency Scaling (RT-SVFS) with Instructions Per Clock cycle (IPC) Control mechanism which controls
the thread execution speed.
In addition, we also propose a method of Real-Time Dynamic Voltage and Frequency Scaling (RT-DVFS) that can maintain executed time of tasks with dealing with the
efficiency of task executing by IPC control. According to the simulation results, the proposed techques
improve schedulability and power consumptions compared by the existing techniques.
キーワード (和) 組込みリアルタイム / SMT Processor / RT-SVFS / RT-DVFS / / / /  
(英) Embedded Real-Time System / SMT Processor / RT-SVFS / RT-DVFS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 514, CPSY2018-106, pp. 161-166, 2019年3月.
資料番号 CPSY2018-106 
発行日 2019-03-10 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2018-106 DC2018-88

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB IPSJ-ARC  
開催期間 2019-03-17 - 2019-03-18 
開催地(和) 西之表市民会館(種子島) 
開催地(英) Nishinoomote City Hall (Tanega-shima) 
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップ ETNET2019 
テーマ(英) ETNET2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2019-03-CPSY-DC-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IPC制御を用いたSMTプロセッサ向けRT-VFS手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-Time Voltage and Frequency Scaling Scheme with IPC Controlling for SMT Processor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組込みリアルタイム / Embedded Real-Time System  
キーワード(2)(和/英) SMT Processor / SMT Processor  
キーワード(3)(和/英) RT-SVFS / RT-SVFS  
キーワード(4)(和/英) RT-DVFS / RT-DVFS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 宏海 / Hiromi Suzuki / スズキ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井出 陽介 / Yousuke Ide / ヨウスケ イデ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚原 悠太 / Yuta Tsukahara / ツカハラ ユウタ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 信行 / Nobuyuki Yamasaki / ヤマサキ ノブユキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-17 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2018-106,IEICE-DC2018-88 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.514(CPSY), no.515(DC) 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2019-03-10,IEICE-DC-2019-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会