電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 11:25
[招待講演]補助関数型アルゴリズムによる実時間ブラインド音源分離の実現
小野順貴首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ブラインド音源分離は,音源位置などの事前情報を使わずに,混合した観測信号のみから音源信号を推定する信号処理技術であり,音声認識をはじめとする幅広い応用可能性から,従来から活発な研究が行われてきた。特に,独立成分分析,独立ベクトル分析はその典型的な手法であるが,従来の自然勾配法に基づく手法は収束までに多数の反復を必要とし,実応用への大きな問題となっていた。これに対し著者は,2010年ごろから,補助関数法という最適化の枠組みを用いて独立成分分析,独立ベクトル分析を解く,高速で収束性を保証した画期的なアルゴリズムを導出し,またその高精度化,オンライン化,低遅延化に取り組み,近年,実時間でのブラインド音源分離システムを実現するに至っている。本講演では,こうした著者のこれまでの取り組みを紹介する。 
(英) Blind source separation is a signal processing technique to estimate sound source signals only from the observation of mixture without using any prior information such as sound source positions. From a wide range of applicability including speech recognition, it has been studied for a long time. In particular, independent component analysis (ICA) and independent vector analysis (IVA) are typical methods, but conventional natural gradient-based algorithms need a large number of iterations until convergence, which was a big problem for practical application. For solving this, since around 2010, the author has derived epoch-making fast algorithms that guarantees convergence, solves ICA and IVA using a framework of optimization called the auxiliary function method. The author has been working on better, on-line, low-latency algorithms, and recently realized a real-time blind source separation system. In this talk, the author will introduce these works.
キーワード (和) ブラインド音源分離 / 独立成分分析 / 独立ベクトル分析 / 補助関数法 / 実時間処理 / / /  
(英) blind source separation / independent component analysis / independent vector analysis / auxiliary function method / real-time processing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 495, EA2018-133, pp. 203-203, 2019年3月.
資料番号 EA2018-133 
発行日 2019-03-07 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) アイランド ナガサキ(長崎市) 
開催地(英) i+Land nagasaki (Nagasaki-shi) 
テーマ(和) 応用/電気音響,信号処理,音声,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Speech, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 補助関数型アルゴリズムによる実時間ブラインド音源分離の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Realization of real-time blind source separation with auxiliary-function-based algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインド音源分離 / blind source separation  
キーワード(2)(和/英) 独立成分分析 / independent component analysis  
キーワード(3)(和/英) 独立ベクトル分析 / independent vector analysis  
キーワード(4)(和/英) 補助関数法 / auxiliary function method  
キーワード(5)(和/英) 実時間処理 / real-time processing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 順貴 / Nobutaka Ono / オノ ノブタカ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: TMU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 11:25:00 
発表時間 50 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-133,IEICE-SIP2018-139,IEICE-SP2018-95 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.495(EA), no.496(SIP), no.497(SP) 
ページ範囲 p.203 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-EA-2019-03-07,IEICE-SIP-2019-03-07,IEICE-SP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会