お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 14:35
ビット欠落なし低遅延大容量ODUパスプロテクション方式のコア/メトロネットワークへの適用性検討
北村 圭犬塚史一田中貴章平野 章NTTPN2018-95
抄録 (和) コア/メトロネットワークでは,トラヒックの大容量化が進んでいる.また,収容するトラヒック種別の多様化も進んでおり,無線トラヒックの増加等を背景に,低遅延で高信頼なトラヒック転送の要求も高まってきている.大容量なトラヒックを低遅延に転送する場合,低レイヤでの転送が有効だが,パスプロテクション機能が確立されていないという課題がある.本検討では,低レイヤにおけるビット欠落のない低遅延大容量なパスプロテクションを新たに提案し,ODU4 100 Gbit/sの伝送レートで相対遅延差400 kmまでの動作を実験的に確認した.また,数値シミュレーションにより,日本国内ネットワークへの提案方式の適用性を評価したので報告する. 
(英) The growth of IP traffic continues and various new traffic characteristics such as low delay and high reliability are appearing. Transmission in the lower layer is effective for transmitting traffic with a low delay. But there is a problem that path protection is not established in the low layer. We demonstrate novel 100 Gbit/s ODU4 path switching without bit disruption at relative delay difference up to 400 km experimentally. We confirmed applicability for core/metro network by evaluating accommodation rate on Japan Photonic Network model.
キーワード (和) パスプロテクション / OTN / スイッチング / / / / /  
(英) Path Protection / OTN / Switching / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 505, PN2018-95, pp. 73-76, 2019年3月.
資料番号 PN2018-95 
発行日 2019-03-07 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2018-95

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 
開催地(英) Miyako Island Hirara Port Terminal Bldg. 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2019-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビット欠落なし低遅延大容量ODUパスプロテクション方式のコア/メトロネットワークへの適用性検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Large Capacity ODU Path Protection without Bit Disruption for Low Latency Core/Metro Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パスプロテクション / Path Protection  
キーワード(2)(和/英) OTN / OTN  
キーワード(3)(和/英) スイッチング / Switching  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 圭 / Kei Kitamura / キタムラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 犬塚 史一 / Fumikazu Inuzuka / イヌヅカ フミカズ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 貴章 / Takafumi Tanaka / タナカ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 章 / Akira Hirano / ヒラノ アキラ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2018-95 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会