電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 13:00
分散制御エラスティック光ネットワークにおけるパス長差の公平性を考慮したパス設定手法
吉山大翔馬場健一工学院大
抄録 (和) 今後もますます増加が見込まれるトラフィックをより効率的に収容するための技術としてエラスティック光ネットワークが注目されている.先行研究では,エラスティック光ネットワークにおける制御手法として分散制御手法が提案されている.分散制御手法を用いることにより,トラフィック状況に応じた柔軟なパス設定が可能となる.また,エラスティック光ネットワークではパス長により要求棄却率に差が生じる問題がある.そこで本稿では,パス長差による要求棄却率の差を抑えるため,帯域の領域分割手法と領域内のスロット割当手法を提案する.帯域を領域に分割し,それぞれの領域にパス長に応じて割り当て可能なパスを設定し,領域内におけるスロット割り当てを考慮しながらパスを設定する.シミュレーションによる評価の結果,パス長によって異なる要求棄却率の差をある程度制御できることを明らかにした. 
(英) Elastic optical network will be also watched as the technology for increase to accommodate expected traffic more efficiently increasingly from now on. A distributed control method is proposed as control method in elastic optical network by the preceding study. Flexible pass setting according to the traffic situation becomes possible to use a distributed control method. There is a problem that the difference occurs to the request rejection rate by a pass chief with elastic optical network.So to suppress the remainder of the request rejection rate by the pass chief difference by writing, the area division technique of the band and the slot allocation technique of the regional are proposed. A band is divided into territory, it’s assigned to the respective territory according to the pass chief and a possible pass is established, and a pass is established while considering slot allocation in a regional. I made it clear that some degrees are able to suppress the remainder of the request rejection rate different depending on pass chiefs as a result of the value by the simulation.
キーワード (和) エラスティック光ネットワーク / 分散制御 / RMSA / 領域分割 / 公平性 / / /  
(英) Elastic Optical Networks / Distributed control / RMSA / Area division / Fairness of path length / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 505, PN2018-92, pp. 55-60, 2019年3月.
資料番号 PN2018-92 
発行日 2019-03-07 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 
開催地(英) Miyako Island Hirara Port Terminal Bldg. 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2019-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散制御エラスティック光ネットワークにおけるパス長差の公平性を考慮したパス設定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Path Establishment Method considering Difference of Path Lengths in EONs with Distributed Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エラスティック光ネットワーク / Elastic Optical Networks  
キーワード(2)(和/英) 分散制御 / Distributed control  
キーワード(3)(和/英) RMSA / RMSA  
キーワード(4)(和/英) 領域分割 / Area division  
キーワード(5)(和/英) 公平性 / Fairness of path length  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉山 大翔 / Sora Yoshiyama / ヨシヤマ ソラ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 健一 / Ken-ichi Baba / ババ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2018-92 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会