電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 14:50
指導者の視線情報を用いた部位重要度の可視化とその評価
大隅彰太工藤博章松本哲也名大)・竹内義則大同大IMQ2018-70 IE2018-154 MVE2018-101
抄録 (和) 指導者の指導力は,対象とする動作への理解に基づいており,その知見は指導を行う際の注視行動にも表れる.本報告では,熟練指導者の注視行動に着目し指導者の学習支援に活用することを目標として,視線計測に基づいた指導者の注視傾向の分析を行い,システムの評価を行った.指導について異なる熟練度の参加者に,空手道の形競技の静止画を提示し,視線計測器を用いて視線データを記録し,形の演武者の体の部位に対する注視点の分布を分析した.その結果,熟練者は下半身を中心として全身の姿勢に関わる部位の観察を行いつつ,動作に応じてある特定の関節部を注視する一方で,未熟者は動作の主目的に関わる部位を注視する傾向にあることが明らかになった.システムの評価実験として,未熟指導者に部位重要度を呈示し,アンケートを実施した.熟練指導者の視線情報のみの呈示と,熟練指導者及び未熟指導者を比較して提示した場合について評価を行い,前者を高いとする評価と,後者を高いとする評価が,およそ同じ程度の割合で得られた. 
(英) Gazing behaviors based on knowledge of instructors are expressed during tutoring activities. The knowledge is acquired with the points of training actions. In this study, we analyze the gaze tendency of instructors and evaluate the system that its observations give novice instructors as significant gazing point in focusing on the gazing behaviors of masters on Karatedo, for the purpose of supporting a promotion of instructors. We presented Kata of Karatedo for participants, and recorded their gaze data using an eye-tracking device, and analyzed the distribution of gaze points on body parts of a Kata performer. From the evaluation of the part of interest in gazes, masters tend to gaze at limbs which are important from the view of a whole posture, while novices tend to gaze at one which is important from the view of separate tasks. As a system evaluation, we took the questionnaire on the system output for novice instructor. As the part importance in gazing, we presented the estimated areas from masters' eye movements and ones from masters' and novices' eye movements. We obtained results that both presented ways were preferred by almost the same numbers of subjects.
キーワード (和) 視線計測 / 注視行動 / 視線分析 / / / / /  
(英) eye tracking / gaze behavior / gaze analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 500, IMQ2018-70, pp. 263-267, 2019年3月.
資料番号 IMQ2018-70 
発行日 2019-03-07 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2018-70 IE2018-154 MVE2018-101

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) media of five senses, multimedia, media experience, picture codinge, image media quality, network,quality and reliability, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2019-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 指導者の視線情報を用いた部位重要度の可視化とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization parts of interest based on gaze of instructor and its evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線計測 / eye tracking  
キーワード(2)(和/英) 注視行動 / gaze behavior  
キーワード(3)(和/英) 視線分析 / gaze analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大隅 彰太 / Syota Osumi / オオスミ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博章 / Hiroaki Kudo / クドウ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Tetsuya Matsumoto / マツモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Yoshinori Takeuchi / タケウチ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2018-70,IEICE-IE2018-154,IEICE-MVE2018-101 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.500(IMQ), no.501(IE), no.502(MVE) 
ページ範囲 pp.263-267 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IMQ-2019-03-07,IEICE-IE-2019-03-07,IEICE-MVE-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会