電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 15:30
格文法を用いた言語系統分類のための形式化手法の提案
原添修司神谷捺希山口大)・呉 靭山口短大)・松野浩嗣山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 言語分類には系統樹説と波紋説があるが,言語は両方の影響を受けると考えられる.これまでは系統樹説による研究が多く行われており,同義単語の発音記号など,語彙の違いに基づいて行われてきたが,語彙だけでは波紋説的な言語変化は捉えづらい.そこで本研究では言語の文法の違いに注目し,言語に依らない普遍的な深層構造を持つFillmoreの格文法を用い,その表層化過程の生成規則によって,言語ごとの特徴を表すことを試みた.さらに,文法記述における一致の問題を解決するために,単一化文法を適用したことについても報告する. 
(英) Tree and wave theories have been employed for language classification. More studies based on tree theory were performed than wave theory. In the tree theory-based studies, vocabulary differences such as phonetic symbols of synonymous words were used for classification. In contrast, the wave theory is hard to identify the change of language with only vocabulary. In this research, we focus on the grammatical differences of languages, trying to express the language characteristics by the production rules in the surface layering process of Fillmore's case grammar. In addition, application of unification grammar for addressing the concordance problem in grammar descriptions is reported.
キーワード (和) 言語系統分類 / 波紋説 / 格文法 / 素性構造 / 単一化文法 / / /  
(英) language classification / wave theory / case grammar / feature structure / unification grammar / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 499, MSS2018-94, pp. 69-74, 2019年3月.
資料番号 MSS2018-94 
発行日 2019-03-07 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP MSS  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 福井大学 文京キャンパス 
開催地(英) Bunkyo Camp., Univ. of Fukui 
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-MSS研究会,IEICE-NLP研究会の3研究会併催,一般およびWork In Progress(WIP) 
テーマ(英) SICE-DES, IEICE-MSS, IEICE-NLP, Work In Progress, and etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2019-03-NLP-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 格文法を用いた言語系統分類のための形式化手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Formalization Method for Language Classification Based on Case Grammar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語系統分類 / language classification  
キーワード(2)(和/英) 波紋説 / wave theory  
キーワード(3)(和/英) 格文法 / case grammar  
キーワード(4)(和/英) 素性構造 / feature structure  
キーワード(5)(和/英) 単一化文法 / unification grammar  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原添 修司 / Shuji Harazoe / ハラゾエ シュウジ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 捺希 / Natsuki Kamiya / カミヤ ナツキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 靭 / Ren Wu / ゴ ジン
第3著者 所属(和/英) 山口短期大学 (略称: 山口短大)
Yamaguchi Junior College (略称: Yamaguchi JC.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 浩嗣 / Hiroshi Matsuno / マツノ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2018-94 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会