電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 13:30
[ポスター講演]音楽と音声への選択的注意が引き込み応答に与える影響
松井亮祐田中聡久東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音楽と音声に対して選択的注意を向けた際の引き込み応答について調査した. 人は複数人の会話や音楽が混在した環境の中でも,BGMとして流れる音楽や会話相手の声を聞き分けることができる. これを選択的注意といい,異なる音声に対する注意方向による引き込み応答の変化や,音声と音楽の同時呈示下における選択的注意による事象関連電位について報告されている. 本稿では,音声と音楽を同時呈示したとき,一方のみに注意を向けた際の引き込み応答を調べるために,傾聴時の頭皮脳波(EEG; electroencephalogram)と音声または音楽との相互相関関数を解析した. さらに,注意方向による脳波の違いを調べるために,共通空間パターン法でEEGから特徴量を抽出し,サポートベクターマシンによって,注意方向を識別した. 音刺激の包絡線とEEGの相互相関関数を求めた結果,相互相関関数の値は70 msで負のピークがみられ,140 ms付近で正のピークがみられた. また識別の結果,実験参加者17名のうち,10名が99%を超える分類精度となり,一方他の7名はそれよりも低い結果となった. 音声に対する相互相関関数を比較すると,音楽に注意を向けるよりも音声に注意を向けた際に相関が大きくなったが,音楽に対する相互相関関数の相関は注意方向によって違いが生じないことが分かった. 
(英) The effect on cortical entrainment of selective attention to speech and music was investigated. With selective attention, we can hear the song played as background music and the voice of the person we are talking to even in the noisy environment where many people's conversations and music are mixed. The enhancement of cortical entrainment to the selectively attended speech and event-related potential by selective attention to speech and music have been reported. However, it is unclear whether the direction of selective attention influences cortical entrainment to speech and music. In this paper, in order to investigate the entrainment by selective attention to music and speech while music and speech were presented simultaneously, the correlation function between the electroencephalogram (EEG) and either music or speech was analyzed. Furthermore, in order to investigate the diffrence in EEG between the attended stream, support vector machine using features extracted from the EEG by common spatial pattern was trained to classify whether the participant attended to speech or music. The cross-correlation function between the envelope of the auditory stimulus and the EEG showed a negative peak at the time lag around 70 ms and a positive peak at the time lag around 140 ms. As a result of task classification, 10 participants among the 17 participants achieved a classification accuracy exceeding 99%, while the other seven did the much lower. Although the cross-correlation function to the speech became larger when listening to speech than to music, cross-correlation function to music did not differ depending on the attended stream.
キーワード (和) 音楽 / 音声 / 引き込み応答 / 知覚 / 頭皮脳波 / 共通空間パターン法 / /  
(英) Music / Speech / Entrainment / Perception / Electroencelphalography / CSP / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 496, SIP2018-146, pp. 237-242, 2019年3月.
資料番号 SIP2018-146 
発行日 2019-03-07 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) アイランド ナガサキ(長崎市) 
開催地(英) i+Land nagasaki (Nagasaki-shi) 
テーマ(和) 応用/電気音響,信号処理,音声,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Speech, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2019-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音楽と音声への選択的注意が引き込み応答に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Entrainment by Selective Attention to Music and Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽 / Music  
キーワード(2)(和/英) 音声 / Speech  
キーワード(3)(和/英) 引き込み応答 / Entrainment  
キーワード(4)(和/英) 知覚 / Perception  
キーワード(5)(和/英) 頭皮脳波 / Electroencelphalography  
キーワード(6)(和/英) 共通空間パターン法 / CSP  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 亮祐 / Ryosuke Matsui / マツイ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡久 / Toshihisa Tanaka / タナカ トシヒサ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 13:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2018-140,IEICE-SIP2018-146,IEICE-SP2018-102 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.495(EA), no.496(SIP), no.497(SP) 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-03-07,IEICE-SIP-2019-03-07,IEICE-SP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会