電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 09:25
SNSを用いた混雑状況提示による無線LANユーザ誘導
髙橋侑子早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
抄録 (和) 無線ネットワークにおいて,通信品質についての適切な情報をユーザに提示して誘導することで,ユーザ効用を保ちながらネットワーク資源を有効利用することが可能になる.ユーザ誘導においては,どのような情報をどのような形で提示するかが重要である.本稿では,無線LANの品質を可視化したヒートマップを用いて,SNSアプリケーション上で情報のやり取りをすることで,ユーザを品質のよい場所へ誘導するサービスを検討している.特に,ユーザとシステムとのインタラクションに着目し,情報提示の方法と誘導の関係を実験によって明らかにしている.実験では,SNSアカウントを使用し,それらの評価を行っている. 
(英) If the wireless network system shows the user the communication quality in various places around him, he will move to an appropriate place, and will get high communication quality. Thus, the network resources will be used efficiently, and the users will get high utility. In the user guidance, how to show the quality information will be important. By using the information on SNS, we can get a kind of heat map which visualizes the communication quality of wireless LAN. In this paper, we focus on the interaction between a user and the system. And, we compare two methods of showing quality information. The evaluation is done by experiment using SNS.
キーワード (和) ユーザ誘導 / インタラクション / 混雑状況 / 可視化 / / / /  
(英) Navigation / Guidance / Interaction / Quality / Congestion / Visualization / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 503, CQ2018-107, pp. 83-86, 2019年3月.
資料番号 CQ2018-107 
発行日 2019-03-07 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) media of five senses, multimedia, media experience, picture codinge, image media quality, network,quality and reliability, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SNSを用いた混雑状況提示による無線LANユーザ誘導 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless LAN User Navigation by Using SNS to Show Congestion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユーザ誘導 / Navigation  
キーワード(2)(和/英) インタラクション / Guidance  
キーワード(3)(和/英) 混雑状況 / Interaction  
キーワード(4)(和/英) 可視化 / Quality  
キーワード(5)(和/英) / Congestion  
キーワード(6)(和/英) / Visualization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 侑子 / Yukiko Takahashi / タカハシ ユキコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第2著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-107 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.503 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会