電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 09:00
アクセスポイント周辺画像提示による無線LANユーザ誘導
石田 翼早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
抄録 (和) ユーザの行動には時間依存性や場所依存性がある.駅や空港などユーザが集中しやすい場所や時間帯では,特定のアクセスポイントに通信が集中し,通信品質が著しく劣化することがある.この問題を解決するために,ユーザが集中していない別のアクセスポイントにユーザを誘導する方法が提案されている.その提案では,通信品質をヒートマップで可視化し,地図の上に品質の良い場所を示して誘導している.本稿では,ユーザに提示する情報を1次元から4次元へと増やしていくことで,従来の誘導と比べてユーザの移動の意思決定率がどれだけ向上するのかを明らかにしている. 
(英) If the access point of the wireless LAN is congested, the communication quality decreases. However, the behaviour of mobile users depends on time and location. Usually, the access point does not become congested at all times, and does not become congested in all areas. In order to keep the communication quality, it was proposed to navigate mobile users to the access point of less congested area by using a kind of heat map. In this paper, an advanced navigation with a view around a good access point is studied. In comparison with the conventional method, the rate of the users who want to move to a good access point increases.
キーワード (和) ユーザ行動 / 誘導 / 品質 / 意思決定 / / / /  
(英) User behaviour / Navigation / Communication quality / Decision making / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 503, CQ2018-106, pp. 79-82, 2019年3月.
資料番号 CQ2018-106 
発行日 2019-03-07 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ IE MVE CQ  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima University 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,メディアエクスペリエンス, 映像符号化,イメージメディアの品質,ネットワークの品質 および信頼性,一般 (魅力工学(AC)研究会協賛) 
テーマ(英) media of five senses, multimedia, media experience, picture codinge, image media quality, network,quality and reliability, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-03-IMQ-IE-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクセスポイント周辺画像提示による無線LANユーザ誘導 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless LAN User Navigation by Showing a View around Access Point 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユーザ行動 / User behaviour  
キーワード(2)(和/英) 誘導 / Navigation  
キーワード(3)(和/英) 品質 / Communication quality  
キーワード(4)(和/英) 意思決定 / Decision making  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 翼 / Tsubasa Ishida / イシダ ツバサ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第2著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-106 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.503 
ページ範囲 pp.79-82 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会