電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 15:15
ガンマチャープ聴覚フィルタバンクを用いた車室内における音像の方位角推定モデルに関する基礎検討
阪本浩二デンソーテンテクノロジ)・中村将志前田昌宣デンソーテン
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,周波数領域両耳聴モデルを車室内でのオーディオ聴取環境へ適用し,音像の方位角推定の精度検証を行った.
そして,本モデルに対しさらなる高精度化の検討を行い,新たな車室内音像の方位角推定モデルを提案した.
ここで,ガンマチャープ聴覚フィルタバンクを用い,車室内音像の方位角に関連する物理的特徴量を抽出することにより,推定精度の向上を図った.
その結果,提案法は従来法よりも推定値と実験値に高い相関があった.
よって,提案法の有効性を示唆する結果が得られた. 
(英) Accuracy verification of azimuth estimation of sound image was performed by applying the frequency domain binaural model to audio listening environment in car cabin.
Accordingly, the new azimuth estimation model of in-cabin sound image was proposed by examining further high-accuracy for this model.
Here, extraction of physical feature quantity related to azimuth of in-cabin sound image with the gammachirp auditory filterbank improved the estimation accuracy.
As a result, the proposed method has a higher correlational relationship with estimation values and experimental values than the conventional method. Therefore, the results suggesting the effectiveness of the proposed method were obtained.
キーワード (和) 車室内音像の方位角 / 両耳間レベル差 / 両耳間位相差 / ガンマチャープ聴覚フィルタバンク / 周波数領域両耳聴モデル / / /  
(英) Azimuth of in-cabin sound image / Interaural level difference / Interaural phase difference / Gammachirp auditory filterbank / Frequency domain binaural model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 495, EA2018-159, pp. 353-358, 2019年3月.
資料番号 EA2018-159 
発行日 2019-03-07 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SIP SP  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) アイランド ナガサキ(長崎市) 
開催地(英) i+Land nagasaki (Nagasaki-shi) 
テーマ(和) 応用/電気音響,信号処理,音声,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, Speech, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-03-EA-SIP-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ガンマチャープ聴覚フィルタバンクを用いた車室内における音像の方位角推定モデルに関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Study on Azimuth Estimation Model of Sound Image in Car Cabin by Using a Gammachirp Auditory Filterbank 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車室内音像の方位角 / Azimuth of in-cabin sound image  
キーワード(2)(和/英) 両耳間レベル差 / Interaural level difference  
キーワード(3)(和/英) 両耳間位相差 / Interaural phase difference  
キーワード(4)(和/英) ガンマチャープ聴覚フィルタバンク / Gammachirp auditory filterbank  
キーワード(5)(和/英) 周波数領域両耳聴モデル / Frequency domain binaural model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪本 浩二 / Koji Sakamoto / サカモト コウジ
第1著者 所属(和/英) 株式会社デンソーテンテクノロジ (略称: デンソーテンテクノロジ)
Denso Ten Technology Limited (略称: Denso Ten Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 将志 / Masashi Nakamura / ナカムラ マサシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社デンソーテン (略称: デンソーテン)
Denso Ten Limited (略称: Denso Ten)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 昌宣 / Masanobu Maeda / マエダ マサノブ
第3著者 所属(和/英) 株式会社デンソーテン (略称: デンソーテン)
Denso Ten Limited (略称: Denso Ten)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-159,IEICE-SIP2018-165,IEICE-SP2018-121 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.495(EA), no.496(SIP), no.497(SP) 
ページ範囲 pp.353-358 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-03-07,IEICE-SIP-2019-03-07,IEICE-SP-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会