電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-15 15:55
Simulinkモデルに対するシミュレーションによる重み付き記号的状態遷移系の導出
大脇亮太結縁祥治名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では離散的な振舞いを含むSimulinkモデルの振る舞いを抽象化し記号的
重み付き状態遷移系を導出する手法を提案する。連続的な変数の値を固定した
区間から構成される領域で分割し、連続的な振る舞いを抽象化することで遷移
系を生成する。サンプリング時間ごとの連続変数の変化を領域の端点における
シミュレーションを元にして、重みづけを遷移に対して与える。遷移の重みづ
けの積として遷移系上のトレースに対して重要度を定める。遷移系の振舞いの
性質をチェックすることで、Simulinkモデルの振舞いに対して既存のモデル検
査が適用できるようになり、振舞いの概要が機械的にチェックできるようにな
ることが期待できる。本稿ではオートマティックトランスミッションに対して
適用し記号的重み付き遷移系を導出した例を示す。 
(英) We propose a method to generate a symbolic weighted transition system
from a Simulink model description. Continuous values for variables
are abstracted by fixed intervals to form regions. Value changes with
time passage are translated as the transitions over regions according
to the fixed sampling time. We compute the next regions by simulation
of the given model. Assuming the system behavior is monotonic at all
instants, we calculate the next possible region from the simulation of
edge points. We expect the transition systems generated hold the
preserves behavior of the given Simulink model and enables to apply
the existing testing methods such as the model checking. We
illustrate our approach by deriving the symbolic transition system for
the automatic transition system available as an example of Simulink.
キーワード (和) Simulink / モデル検査 / 重み付き状態遷移系 / シミュレーション / / / /  
(英) Simulink / Model Checking / Weighted Transition System / Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 499, MSS2018-95, pp. 75-80, 2019年3月.
資料番号 MSS2018-95 
発行日 2019-03-07 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP MSS  
開催期間 2019-03-14 - 2019-03-15 
開催地(和) 福井大学 文京キャンパス 
開催地(英) Bunkyo Camp., Univ. of Fukui 
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-MSS研究会,IEICE-NLP研究会の3研究会併催,一般およびWork In Progress(WIP) 
テーマ(英) SICE-DES, IEICE-MSS, IEICE-NLP, Work In Progress, and etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2019-03-NLP-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Simulinkモデルに対するシミュレーションによる重み付き記号的状態遷移系の導出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A derivation of weighted transition system for Simulink models from simulation results 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Simulink / Simulink  
キーワード(2)(和/英) モデル検査 / Model Checking  
キーワード(3)(和/英) 重み付き状態遷移系 / Weighted Transition System  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大脇 亮太 / Ryota Owaki / オオワキ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 結縁 祥治 / Shoji Yuen / ユウエン ショウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagooya Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-15 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2018-95 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2019-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会